ラピスラズリブルー

初めての3ナンバー

レンタカーではありましたが 初めて3ナンバーの大型車を運転しました
長く自動車運転をしていますが 5ナンバーの小型車しか持ったことがありません
毎年恒例となった仲人の墓参りに三島でレンタカーを借りました

d0338347_19513492.jpg
何時もは 自分の車と同じ FITハイブリッドを選ぶのですが 生憎在庫がなく プリウスの3ナンバーしかありませんでした
車幅等車の大きさは余り感じませんでした
流石に 車の造りはしっかりしていますが とても重い...加速も悪くないのですが 何となく重厚感につぶされそうになりました
普通車の魅力はそれ程感じないまま一日が終わりました 150kmほど走って返却 少し疲れが残ります
もう少し軽快感のある方が 私には居心地よく感じられそうです






# by toshi-ohyama | 2018-09-23 05:47 | 徒然 | Comments(0)

昭和の怪物 七つの謎

昭和の歴史研究家として 信頼出来る人物は 半藤一利と保阪正康をあげます

d0338347_13311645.jpg
保阪氏は 1939年生まれですから 今年79歳
彼が 研究してきた昭和史の集大成のような著作です
石原莞爾に二章を割いていますが 東條英樹 犬養毅 渡辺和子 瀬島隆三 吉田茂のエピソードを連ねてあり 彼の歴史観が良く判ります





# by toshi-ohyama | 2018-09-21 06:16 | 幕張図書館 | Comments(0)

千葉名産 焼き蛤

千葉名産と云えば まず頭に浮かぶのはピーナッツでしょうか 
海に囲まれる千葉は 海産物も多く見受けられます

d0338347_06514878.jpg
此方は 非常にローカルな銘店「大坂屋」の焼き蛤

大阪ではなく大坂 此れは佃島同様 江戸開府にあたって大阪から移住してきた佃煮屋さんかと思いきや 現在は三代目ということですから昭和世代のようです
浦安辺りが貝類の集積場であるようですが この店は千葉駅の近くの登戸(のぶと)に本店があります
京葉道路から細い道を入って行く知る人ぞ知る老舗です

佃島に負けぬ美味しさを誇っていましたが こんな形でスーパーに登場 早速購入しました
一本200円近くする高価な串焼きです
肝心のお味はというと 実は真空パックにしたせいか 少し固め 味は濃いめ...
店で買うものとは少し違うかと...
保存は難しい ということでしょうか

# by toshi-ohyama | 2018-09-19 07:10 | 幕張食堂 | Comments(0)

朝鮮人特攻隊員の碑

1944年5月11日 陸軍戦闘機隼で 知覧飛行場から特攻として出撃した 光山文博少尉は
卓 庚鉉(タク・キョンヒョン(タク・ギョンヒル) という朝鮮人でした

出撃の前日 飛行場の近くの富屋食堂で アリランを謡って別れを惜しんだとのエピソードが残ります

d0338347_14135436.jpg
本著は 朝鮮人なのに日本名で死んだことを悔やむ特攻兵の夢を見た ひとりの女性が慰霊碑を彼の祖国の地に建てようと悪戦苦闘する実話を綴った本です

光山文博氏の話は 映画化されたり 富屋食堂の鳥濱トメさんの自叙伝でも取り上げられています
私も現地を訪れたことがあります
知覧平和記念館には 多くの慰霊碑が建ちますが 彼の故国に慰霊碑を建てたいと立ち上がる黒田博美さんの真意・心境が なかなか理解出来ませんでした

日清戦争に始まる 日本の大陸進出の結果 日韓併合という悲惨な歴史が刻まれました
どう理屈をつけても 朝鮮併合は間違った選択でありました 歴史を償うことの難しさは 当事者ではなかった我々の世代には 只瞑目するのみ という処へ追い込まれてしまいます 何時までも謝り続けることにも抵抗がありますし この歴史結果をもってしても 日本が二度と戦争を巻き起こさないという誓いへの抑止力にもなりそうにない気がしてなりません 

黒田さんが 慰霊碑を建てたいと思った気持ちが 最後まで理解はできませんでした
「二度と過ちは繰り返さない」という珍妙な誓いの碑に比べれば まだましとは思いますが 彼の祖国に慰霊碑を建てることが本当に意味があるのかとの思いがぬぐえません

巻末の解説の中で 「日本否定という反日的教育は 韓国人が新たに韓国人として生まれ変わるためには不可避のことだった」と書かれている言葉が強烈に心に残ります

京都豊国神社前に 今も残る「耳塚」もグロテスクなものとして私は疑問に思います 歴史から消し去るべきものだと感じます
同じ次元には置きにくいかもしれませんが 彼女の建てた慰霊碑は「光復会」等の反日団体により引き倒され 土中に埋められてしまいます
日韓の友好を築くには 我々はどうすれば良いのか 答えはますます遠のきます


# by toshi-ohyama | 2018-09-17 06:35 | 幕張図書館 | Comments(0)

てんぷら近藤

銀座に 天婦羅の名店があります
店主近藤文夫氏は 私と同い年の昭和23年生まれ 商業高校を出て山の上ホテルに就職 
ホテルの創業者吉田俊男社長から和食をやれと云われ ホテルの天婦羅店に配属されます
当時月商100万円にも満たなかった店でした 
5年目で料理長に指名され 21年間で年商3億円の店に 土門拳 池波正太郎氏等に可愛がられ 1991年独立します

d0338347_13304533.jpg

薄い衣 野菜の天婦羅は 彼の創り上げた料理法 西洋料理に引けを取らない日本の代表的和食として確立した料理界の至宝というべき料理人です
銀座の飲食の世界にあって 近藤さんは 人間国宝のような存在
中々 お店を訪問する機会はありませんでした

私の赤坂勤務時代に 近藤さんの山の上ホテルの先輩が開いた「楽亭」で かき揚げ丼を良く愉しみました
山の上ホテルの天婦羅も 接待で何度か味わいました
何となく 敷居が高く 此れ迄近藤で天婦羅を愉しむ機会はありませんでしたが 友人から是非との希望もあり 漸く近藤さんの技を味わう機会が得られました

中身は 此方で http://lapizlazuri.net/kondoh.html
 

# by toshi-ohyama | 2018-09-15 06:27 | 幕張食堂 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
横川駅ですねかね。碓氷峠..
by 名無しのごんべい at 01:14
社員の誰か連れてってやて..
by 名無しのごんべい at 01:06
ロッテのガムでも出てたよ..
by 名無しのごんべい at 01:02
宮仕えお疲れっすお疲れ様..
by 名無しのごんべい at 00:55
5枚目は普通っす!
by 名無しのごんべい at 00:50
2枚目最高っす^_^
by 名無しのごんべい at 00:42
鰻やっぱり良いですね^_..
by 名無しのごんべい at 00:38
鰻!美味しそうですね!俺..
by 名無しのごんべい at 00:34
現役の頃から名店をよくご..
by 名無しのごんべい at 00:22
僕も食べたい^_^うまそ..
by 名無しのごんべい at 00:19
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初めての3ナンバー
at 2018-09-23 05:47
昭和の怪物 七つの謎
at 2018-09-21 06:16
千葉名産 焼き蛤
at 2018-09-19 07:10
朝鮮人特攻隊員の碑
at 2018-09-17 06:35
てんぷら近藤
at 2018-09-15 06:27
逆転した日本史
at 2018-09-13 04:22
ゲランドの塩は
at 2018-09-11 06:52
暁のひかり
at 2018-09-09 06:20
トラジャ40年
at 2018-09-07 06:36
よろずや平四郎活人剣
at 2018-09-05 07:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧