ラピスラズリブルー

将軍の孫

西村西望の大正7年の作品 製作のエピソードが残って居て 当時西村西望は日露戦争で戦死した軍神 橘中佐像を制作するために遺品を預かって居ました
アトリエに遊びに来た西望の当時3歳の長男・治禧(はるよし)が その遺品の軍靴を履いて西望に敬礼した姿をモデルにしたとのこと 小首を傾げたそのあどけなさは観る人に思わず微笑みを浮かべさせます
最初の写真は 京都嵯峨野観光線トロッコ嵐山駅前にて 次は井之頭自然文化園にて(北村西望の作品が陳列されています)

d0338347_09491459.jpg































d0338347_09494622.jpg
さて 以下の写真は 昭和42年 東宝創立35周年記念として製作された 日本の一番長い日の1シーン 
阿南陸軍大臣が閣議から市ヶ谷の陸軍省に戻って来た時の 車寄せの光景 何と 将軍の孫が建っているではありませんか 陸軍省の玄関に本当に建っていたのでしょうか

d0338347_20453805.jpg










by toshi-ohyama | 2015-09-20 20:58 | 幕張美術館 | Comments(0)
<< 将門煎餅 見つめる >>



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
紫色の「てっせん」はない
at 2018-06-19 07:04
佐伯泰英を卒業
at 2018-06-17 07:03
スマートまっくす
at 2018-06-15 06:41
田中角栄の悲劇
at 2018-06-13 05:00
銀座能楽堂
at 2018-06-11 06:24
最強の経営者
at 2018-06-09 05:40
花彫湯呑
at 2018-06-07 06:01
松平不昧公
at 2018-06-05 06:21
外伝 妾屋の四季
at 2018-06-03 06:19
妾屋という職業はあったのか
at 2018-06-01 06:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧