ラピスラズリブルー

黄金のオランダ絵画

フェルメールの「水差しを持つ女」が来日しています

d0338347_08493452.jpg
17世紀のオランダ絵画はレンブラント フェルメールなど巨匠を生み出していますが 全体としてのレベルの高さは圧巻です 
何度観ても精緻な筆致にはため息が出ます

右端は カレル・ファブリティウスの自画像 中央は彼の代表作「アブラハム・デ・ボッテルの肖像」
ファブリティウスは 弾薬庫の爆発で32歳の若さで死去し作品も多くがこの爆発で焼失しています 現在残る彼の作品は10数点のみ
レンブラントの弟子の中でも一番才能に溢れていたと云います 明るい背景の中で人物象を浮かび上がらせる彼の作風は 写真とは異なる絵画の可能性を
我々に示して呉れているような気がします



by toshi-ohyama | 2016-02-20 07:23 | 幕張美術館 | Comments(1)
Commented by desire_san at 2016-03-17 17:04
こんにちは。
私も『フェルメールとレンブラント』展を見てきましたので、興味深くブログを読ませていただきました。今まで見たことのなかったフェルメールやレンブラントの傑作やヤン・ステーンやデ・ホーホなどハウス17世紀オランダの絵画をたくさん見られたのもよかったと思いました。

私はフェルメールの『窓辺で水差しを持つ女』とレンブラントの『ベローナ』を例として、フェルメールとレンブラントの絵画魔魅力がどこにあるのか考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。


<< 京都弁 CHOR-FARMER >>



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
期待以上の乗り心地です ..
by toshi-ohyama at 13:51
電気ブランはアルコール度..
by toshi-ohyama at 13:49
HONDA Insigh..
by 杉下です。 at 10:02
いのうえさんは楽しく、そ..
by 杉下です。 at 20:14
杉下殿 おめでとうござい..
by toshi-ohyama at 13:35
お体、大丈夫ですか。まだ..
by 杉下です。 at 16:39
杉下さん  懐かしい話..
by toshi-ohyama at 11:59
こんにちは。 20代の..
by 杉下 at 12:45
愉しみですね 是非拝見し..
by toshi-ohyama at 06:34
御茶ノ水のmizunoは..
by toshi-ohyama at 06:33
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
スクータの買い替え
at 2019-02-22 06:03
異業の王権
at 2019-02-20 06:31
椿の生命力
at 2019-02-18 06:45
蘇我氏
at 2019-02-16 05:57
初午の愉しみ
at 2019-02-14 06:45
古代飛鳥を歩く
at 2019-02-12 05:58
念願の前川
at 2019-02-10 06:56
古代史謎解き紀行
at 2019-02-08 06:29
お勧めの朝鮮キムチ
at 2019-02-06 06:26
隆慶一郎の柳生一族
at 2019-02-04 08:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧