ラピスラズリブルー

門外不出が

若冲生誕300年とのことで 若冲展は異常な盛り上がりの中で終了しました チケットも買いましたが 入場までに200分とは異常な世界で結局諦めました

ルノワール展も同じような大混雑かと心配しました 何しろ オルセーの至宝「ムーランドラギャレットの舞踏会」が日本初公開です

d0338347_14430384.jpg
他の絵は貸しても この絵だけはオルセー美術館を離れることはない と聞いていました この絵だけのためにパリに行っても良い それだけの価値はあると ずっと思っていました 先年のオルセーの改装時に壁紙を藍色に変えたお陰で 絵の具がさらに明るく感じられると聞いていました

初めて眼にする この絵の素晴らしさは とても言葉で表現出来ません 出口に近づいてから途中で引き返し 3度も絵の前に戻りました しっかりと眼に焼き付けました

d0338347_14430471.jpg
都会のダンス 田舎のダンスを 並べて観られたのも今回の収穫 
男性は二人とも同一人物でルノワールの友人 都会のほうは ユトリロの母親 ヴァラドン 田舎はルノワールの妻 見事に描き分けています

d0338347_14430325.jpg
この「ぶらんこ」も 以前は 何ということもない絵と思っていました が 実物の素晴らしいこと...

d0338347_14430371.jpg



 
 

 

by toshi-ohyama | 2016-05-29 14:05 | Comments(1)
Commented by desire_san at 2016-07-13 16:19
こんにちは。
私もルノワール展を見てきましたので、作品の画像やご説明を読ませていただき、ルノワールの絵画の美しい色彩や光の表現、絵画魅力などを追体験させていただきました。ご指摘のようにこの絵だけはオルセー美術館を離れることはな意と言われていた『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場』には人々の生きる喜びがあふれていて大変感動しルノワールのこの絵画にこめられた生きる喜びを感じられて、私も元気をもらいました。

今回のルノワール展からルノワールの絵画の魅力となぜルノワールの絵画が見る人を魅了するのかと、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌとの芸術の本質的の違いを考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。



<< 異色対談 止まらない >>



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
闕所奉行裏帳合
at 2018-05-20 05:24
限りなくBlue
at 2018-05-18 06:31
一日たりとも
at 2018-05-16 07:01
上田秀人 104冊目
at 2018-05-14 06:52
喜寿の会
at 2018-05-12 05:37
酸辣湯麺
at 2018-05-10 18:40
昭和陸軍全史
at 2018-05-08 05:17
確かに味が際立つカレー
at 2018-05-06 07:45
残念過ぎる内容
at 2018-05-04 05:52
八十八夜 新茶
at 2018-05-02 07:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧