人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

至高の料理

今までに味わった食事の中での最高の料理を提供してくれるお店だと思って居るのが シェ・イノ
前職の先輩が今回の現職退任を慰労してくださり シェ・イノにお招きいただきました

至高の料理_d0338347_06511091.jpg
最初の皿は 鮎 美味しい苦みを堪能しました から揚げされた鮎が水藻の中を泳いでいるような盛り付け この写真では鮎が寝ていますが 先輩の皿では鮎が立っています 味覚だけでなく視覚でも愉しませて貰います

至高の料理_d0338347_06510908.jpg
ウニとジュレ 単純にウニだけを食べてもこれほど美味しくは感じないでしょう しかも視覚的にも見事な一皿です


至高の料理_d0338347_06511094.jpg
先輩が 敢えてメニューに加えて貰った野菜のスープ とても柔らかい優しい味 癒されます
昔 つばめグリルの石倉社長から「美味しいスープは元気が出る 食欲が増進する そのテーブルが愉しくなる」と教えていただきました
正にこのスープがそれです

至高の料理_d0338347_06511064.jpg
そして メインに私は目鯛を選びました(先輩は 羊肉のマリアカラス)
最初に目鯛を一口 素材自体も美味しい白身魚です
野菜は青梗菜に似た何とかいう(忘れました)中国野菜

そして目鯛に添えられたソースをつけて口に運んだ時に衝撃が走ります
トロワグロ直伝のこだわりのソースが 鯛の味を劇的に変えます 感動の一瞬 笑いがこみあげてくる至高の一瞬です
美味しいの一言に尽きます
S先輩 本当にご馳走様でした


以前 井上旭オーナーシェフが 自分達のような修行に耐えられる若者はもう居ないと語って居られました
BSの番組で 仏蘭西で二つ星を取った日本人シェフ 小林圭さんが取り上げられていました
小林さんは 私の勤める会社の総料理長だった故中村徳宏ムッシュの茅野東急ハーベストクラブ時代の愛弟子 茅野の店でコックの修行を始め
パリに修行で渡仏する前 半年程当社の店でアルバイトをしていたことがあります 渡仏してレカンで直ぐスーシェフに その後アラン・デュカスの下で修業を重ね
パリで独立 何れトップを目指すと宣言していました 頼もしい限りです

彼の料理が日本で食べられるようになれば嬉しいのですが...




by toshi-ohyama | 2017-06-26 12:57 | 幕張食堂 | Comments(0)
<< 江戸の鮨 小説の構成 >>



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
足代弘訓
by 近衛秀麿 at 12:11
随分安くなって 今は2千..
by toshi-ohyama at 10:28
お疲れ様です。 CUT..
by 杉下 at 10:41
> 杉下さん 竹葉..
by toshi-ohyama at 06:54
お疲れ様です。 丸の内..
by 杉下 at 10:14
かな入力は フリック入力..
by toshi-ohyama at 15:54
スマホデビューですね。す..
by 杉下 at 09:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
コロナを乗り越えて
at 2021-12-18 20:07
文藝春秋 創刊100周年
at 2021-12-16 07:17
ひとりじめ
at 2021-12-14 05:45
近代日本の官僚
at 2021-12-12 07:25
ヘテ 梨ジュース
at 2021-12-10 06:06
脳力のレッスンⅡ
at 2021-12-08 06:32
真打登場 松屋の牛丼
at 2021-12-06 06:01
黒牢城
at 2021-12-04 04:52
知らせ
at 2021-12-02 07:04
自宅でカレーうどん 
at 2021-11-30 06:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧