ラピスラズリブルー

直木三十五 南国太平記

直木賞は知っていても 直木三十五の作品に触れた方は意外と少ないのではないでしょうか
本名植村宗一 直木は本名の植の字を崩したもの 三十五は年齢から 直木三十三 直木三十四を経て三十五で落ち着いたそうです
直木賞は 文系春秋社菊池寛社長が直木三十五の貢献を記念して始めたもの
文藝春秋創刊3周年の大正14年 執筆回数の東の横綱は芥川龍之介 西の横綱が直木三十五であるそうな
南国太平記は直木の代表作であるが 三田村鳶魚の調べたものをネタ本に使用したため 鳶魚と揉めています

島津藩のお由羅騒動を題材とし初出は昭和5年東京日日新聞 約30年振りに角川文庫から再々発行されました 上下巻1200ページを超える長編
多分江戸末期から大正にかけての俗曲や地口軽口言葉遊びが延々と提示されます
島津斉興の愛妾お由羅の方が 斉彬の子供達を次々に呪詛していく話で 比較的会話中心に話が進められていきます
正直 話の展開が遅く 現代の小説家が書けば1/10程度で書けてしまうかもしれません 司馬さんの文章の軽快さを改めて感じました
根気が試された小説でした

d0338347_12101888.jpg

by toshi-ohyama | 2018-01-10 06:53 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< あさつゆ 新商品 昭和の悲劇 >>



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
此の絵は 感動しますよ ..
by toshi-ohyama at 05:57
芦ノ湖の成川美術館も良い..
by sugishita at 12:39
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
銀座よもだそば
at 2018-08-18 05:44
逆軍の旗
at 2018-08-16 06:10
たまひでいちの
at 2018-08-14 06:05
又蔵の火
at 2018-08-12 06:31
吉野家の鰻重
at 2018-08-10 07:11
歴史探偵
at 2018-08-08 06:29
おむすびのGABA 秋葉原店
at 2018-08-06 06:19
闇の傀儡師
at 2018-08-04 06:21
勝海舟終焉の地
at 2018-08-02 06:29
素顔の田中角栄
at 2018-07-31 05:58
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧