ラピスラズリブルー

王政復古

最近 京都御所が公開され一般拝観が許されるようになったそうです
歴史好きの私も是非一度拝観してみたいと思います
一番興味があるのは 小御所 1868年(慶応3年12月9日)王政復古の大号令が発せられた場所です

拝観の前に是非一読をお勧めしたい本があります

d0338347_11005361.jpg
前半部は 文久3年(1863年)3月 第十四代将軍徳川家茂の上洛の様子から書き起こし 京都御所の内部や禁裏の中で行われる諸行事を説明してくれます
朝廷行事や将軍の謁見がどのような形で進められたのか 事細かな説明は格式礼法により身分制度・特権が厳密に決められており 朝廷が与える勲位の権威付けの仕組みを理解することが出来ます

この本で知りえた話 小御所は上中下の三つの部屋から成り 玉座はありません
小御所会議の様子は 神宮外苑の聖徳記念絵画館の絵から伺うことが出来ますが 実は明治天皇は臨席していなかったと 著者は推定しています

その二
何時頃からか 天皇はその姿を御見せになることは殆どなく 朝議の際も御簾を下ろし 直接話すこともなかった
姿を隠すことにより神格化を進めていったということでしょうか
大名行列も頭を低くし直接見ることは禁じられていたし 将軍拝謁も同じように儀式化を進め 直答も許されなかった
大久保利通は 大阪遷都を提案していますが その中で天皇の視覚化を目指しています

安政五年の戊午の密勅も孝明天皇の与り知らぬところで出されたという話もあり 孝明天皇の暗殺説とか 明治維新には表に出てこない闇の中の話も多く 政権争奪のための政争も数多く存在したように思えます



by toshi-ohyama | 2018-02-24 06:47 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< ホタル帰る2 空也最中を食べに行く >>



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
紫色の「てっせん」はない
at 2018-06-19 07:04
佐伯泰英を卒業
at 2018-06-17 07:03
スマートまっくす
at 2018-06-15 06:41
田中角栄の悲劇
at 2018-06-13 05:00
銀座能楽堂
at 2018-06-11 06:24
最強の経営者
at 2018-06-09 05:40
花彫湯呑
at 2018-06-07 06:01
松平不昧公
at 2018-06-05 06:21
外伝 妾屋の四季
at 2018-06-03 06:19
妾屋という職業はあったのか
at 2018-06-01 06:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧