人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

へうげもの

漫画ですっかり人気者になった 古田織部 実は古田織部については 余り資料が残っていません
織部焼についても織部がどの程度絡んだものなのか良く判ってはいません
千宗易(利休)が 秀吉の勘気に触れ 堺に送られるとき 秀吉に睨まれることを覚悟で見送りに出た(言葉は交わしていないようです)のが 細川忠興と古田織部でした
へうげもの_d0338347_09482805.jpg



へうげもの_d0338347_09482823.jpg
わび茶の利休亡き後 武家の茶道を確立し小堀遠州に継承していったのが織部 大阪冬の陣の終了後 大阪への内通を疑われ息子ともども切腹させられます
私の中では 印象が薄く 今回2冊の本を通読してみましたが 謎は深まるばかりでした

織部焼の絵柄の斬新さ 緑と黒の鮮やかな構図は 現代でも通用するほどのデザイン性を感じます
織部が創り上げた武家作法は 簡潔で判り易いし 広々とした明るい茶室も好ましいものですが 
茶碗のゆがみは飲み易さを阻害するものとしか感じられず 未だ「ひょうげ」が理解出来ぬままです

高橋氏は 利休を尊大で秀吉の出自が卑しいと蔑んでいたと書いています 織部は利休亡き後 茶器の目利きで莫大な財産を得たとも
唐物尊重の世界を和物に価値を見出させた茶道の美意識を変えたのは利休ですが 利休の茶は大名や一部上流階級の特権的なものに終わったようであり 大衆化は秀吉以降の功績と考えられます その中で織部の果たした役割をもう少し調べてみたいものです



by toshi-ohyama | 2018-03-16 06:59 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< ご飯が旨い 向田邦子が愛した菊屋にて >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
リサイタル
at 2024-04-25 06:31
東京タワーで豚丼
at 2024-04-24 06:12
千葉の豚丼
at 2024-04-23 06:01
高峰秀子のジャガー
at 2024-04-22 06:41
定番自慢料理
at 2024-04-21 06:44
リボルバー 原田マハ
at 2024-04-20 05:41
ゴッホのあしあと 原田マハ
at 2024-04-19 07:17
そばぼうろ続々
at 2024-04-18 07:00
星落ちてなお 澤田瞳子
at 2024-04-17 06:25
池袋 まんまる
at 2024-04-15 06:51
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧