人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

いのちなりけり

「いのちなりけり」は 葉室麟の直木賞落選作です

いのちなりけり_d0338347_13135857.jpg
以下は この物語の中に出てくる台詞

人は生きて何ほどのことが出来るか 僅かなことしか出来はしない
山に苗を一本植え 田の一枚も作るぐらいのことかもしれない しかしその僅かなことをしっかりとやることが 大事なのです
人は何故死に 次々に生まれてくるのか
一人が僅かなことをやり遂げ 更に次の一人がそれを積み重ねていく
こうして 人は山をも動かしていく 
人は己の天命に従う限り 永遠に生きるのです
そう思えば死は恐れるに足らず 生もまた然りです

やがて 葉隠れに繋がる詞 葉室麟の凄さを感じました 

元々はお得意の九州鍋島藩の御家騒動に始まり 徳川綱吉 水戸光圀 古今伝授 将又 吉良上野まで登場し 物語の展開が錯綜するややこしい作品です
作品の評価は 敢えて避けたいと思います
巻末の解説で 縄田一男さんは五味康祐が生きていたら「俺は百年の知己を得た」と云うであろうと結んでいます
最早 五味に親しむ読者は余りいないのかもしれません  ふと 五味も読み直してみるかと思ったりしました
 
葉室は この作品で初めて直木賞候補となり その後5度目にして蜩ノ記で直木賞を漸く受賞します 長き戦いの日々の記念碑ともなる作品です


by toshi-ohyama | 2018-11-18 07:05 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< 桃屋ですよ GIN まさひろ >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
高峰秀子の引き出し 齋藤明美
at 2024-05-27 06:20
オムライスの完成形
at 2024-05-26 08:07
自民党戦国史 伊藤昌哉
at 2024-05-25 06:47
浜町藪蕎麦
at 2024-05-24 06:15
天武天皇 寺西貞弘
at 2024-05-23 05:35
猿田彦珈琲
at 2024-05-21 11:11
荒汐部屋
at 2024-05-21 06:51
marua cafe
at 2024-05-20 06:07
塩だけで味付けしたポテトチップス
at 2024-05-19 06:36
高倉町珈琲
at 2024-05-17 06:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧