人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

対華二十一か条条約とは何だったのか

2015年にこの本を入手してから3年が経過し 途中何度か中断をしては最初から読み直し ノートを取り 漸く読了しました

対華二十一か条条約とは何だったのか_d0338347_11210344.jpg
対華二十一か条要求は 日清日露両大戦を経て多大な戦費と大量の血(当時の価値で20億円の戦費と10万人の戦死者)を流して獲得した 大陸における帝国主義的権益を如何に維持し拡大していくかという課題に 大隈内閣に置いて加藤高明外相が強引な外交交渉を展開したもの そしてこの延長線上に第二次世界大戦の日本の敗北の起因の一つとして挙げられるものです

従来この二十一か条要求を取り上げた論文は それ程多くありません
日露戦争によって得た遼東半島の租借権を 三国干渉により返上 第一次世界大戦参戦により ドイツ占領地であった遼東半島を奪い 此れを取引材料として 満蒙特殊権益の拡大を目論み 最後通牒により軍事的圧力をかけて中華民国に受諾を迫ります
要求は第1号から第5号まで二十一か条に及び 最終的には中華民国の内政権を犯す第5号を取り下げ 中華民国に要求を受諾させます
第1号から4号までの要求は 日本が大陸に築き上げた特殊権益であり欧米諸国も承認しているものであったが 中華民国は諸外国が奪ってきた中国の権益を奪還する方向にあり 日本の大陸への急速な帝国主義的進出は 満蒙の領有化 第二の朝鮮化を懸念させ 世界的な日本への警戒心を欠き立てる結果となります

この要求を主導した加藤高明は 有能な外交官でありましたが 政治的野心を背景に対立する政友会との政争の解決手段として二十一か条要求を中華民国に突き付けます
当初 大陸への領土野心は持たなかった加藤が 陸軍 世論の攻勢に抗しきれず過大な要求を押し付けたところに歴史的な問題を指摘されています

日本は 何故敗北が明らかな戦争へと暴走したのかという課題を理解するために 大変有益な一冊です
但し 価格は6千円と非常に高価で 余程興味のある方でないと手が出ないでしょうし 一般的な書店ではお目にかかれません





by toshi-ohyama | 2018-12-04 06:43 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< 近江ちゃんぽん FORTRAN普及の功労者 >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
高峰秀子の引き出し 齋藤明美
at 2024-05-27 06:20
オムライスの完成形
at 2024-05-26 08:07
自民党戦国史 伊藤昌哉
at 2024-05-25 06:47
浜町藪蕎麦
at 2024-05-24 06:15
天武天皇 寺西貞弘
at 2024-05-23 05:35
猿田彦珈琲
at 2024-05-21 11:11
荒汐部屋
at 2024-05-21 06:51
marua cafe
at 2024-05-20 06:07
塩だけで味付けしたポテトチップス
at 2024-05-19 06:36
高倉町珈琲
at 2024-05-17 06:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧