人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

天下人の茶

伊東潤の作品を初めて読みます

天下人の茶_d0338347_12183616.jpg
伊東潤氏は神奈川県出身 嘗て日本IBMにも在籍されたことがあるとのこと TVの京都もの 歴史もので顔を拝見することが多くなりました
千利休の切腹については 今もその理由を推測する小説が多く生まれますが 本作は 利休の弟子たちに茶道と利休を語らせ 織田信長の死と利休の切腹を繋ぎ合わせるという新説を書き上げています

今年の夏に 偶然 古田織部の墓所をお参りする機会がありました
京都の路地(ろーじ)を巡り 鳥岩楼へ向かう途中で 堀川通り沿いに興聖寺というお寺に偶然出くわしました
古田織部の妻の隠居所のあった処とのことで江戸時代に 織部一族の墓が建てられたようです(織部は大徳寺に埋葬されたとのこと)

天下人の茶_d0338347_12485842.jpg
天下人の茶_d0338347_12485882.jpg
織部の墓は 織部緑の焼き板で囲われていました
最近 この付近に 古田織部美術館が出来たそうです

小説家は 皆 利休を書くときには 茶道を深く掘り下げるようであり 作品の裏には大変な勉強の跡が伺えます

今回 一畳台目という言葉を学びました 「だいめ」と読むことも初めて知りました
赤楽茶碗「早船」という 長次郎七種の赤楽茶碗のうち唯一現存する茶器とのことですが 作品中では 堺から早船を使って送ったためにこの名が付いたと書かれますが 利休の法螺話であるとか 高麗から送ったとかの異説もあるようです
利休が秀吉と最後に対決する場面で「早船」が使われます
利休は 秀吉が嫌う黒楽を使い続けると伝わりますが この場面で早船を持ち出したのは 著者の工夫であるかと思います
利休自身は 手紙以外の書き物 特に茶道については何も書き残していません
この辺も 作家の制作意欲を書き立てるものがあるのかもしれませんね
愉しく読ませていただきました









by toshi-ohyama | 2019-02-28 03:51 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< ひな祭りには やはり菱餅が似合う 相原求一郎  >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ヨーカ堂のお握り
at 2023-09-26 06:23
崎陽軒 中華食堂
at 2023-09-25 06:04
本能寺異聞 坂岡真
at 2023-09-24 05:40
ジャガイモチップス
at 2023-09-23 06:02
羽田空港での食事
at 2023-09-22 06:23
直属先輩
at 2023-09-21 07:05
芙蓉壱輪
at 2023-09-20 06:35
おもちゃ病院
at 2023-09-19 07:27
新大阪駅浪花蕎麦
at 2023-09-18 06:40
名残の花 澤田瞳子
at 2023-09-17 06:46
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧