人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

日本史の論点と日本史の新常識

日本史の研究成果は 教科書の記述を変えてしまうほどの勢いで 新しい研究が進んでいます
我々が学校で学んだことが いつの間にか教科書から消えたり変更されたり ある意味 自分の認識を変えねばならぬことも多く見受けられます

日本史の論点と日本史の新常識_d0338347_16531036.jpg
日本史の論点と日本史の新常識_d0338347_16530587.jpg
中公新書からは 日本史の論点 文春文庫からは 日本史の新常識 二冊の本が出ています
新書は その分野の詳しい知識を求める方達に 学会論文を少しかみ砕いて提供するという使命を負っているようです
中学校頃から 岩波新書から始まって 中公新書 辺りが 私の知識の源泉となっていました
中公新書は 岩波同様 学術的な香りを感じさせる印象 文春文庫は 比較的話題性を追っているような印象を受けます
以前は 通勤の往復に読み飛ばすことも多かったのですが 引退してからは メモを取り語彙を調べたりしながら読み進めています

日本史の新常識の最後の方に 鹿島茂氏が西郷論を書いています
「西郷隆盛待望論の危険性に最初に気付いたのが 司馬遼太郎であった」 陸軍中将荒木貞夫 近衛文麿首相 三木武夫首相 に 清廉潔白な西郷隆盛待望論を寄せた
国民が見事に裏切られる結果を齎したことへの警告は 目から鱗の心境です

又 同書の最終稿で渡辺惣樹が 米国によるフィリピン購入は 当時の米国の安全保障にとって最大の課題は 太平洋大西洋からの同時攻撃から如何に国を守るかだった
フィリピンの買収は 太平洋側の戦略基地確保であり フィリピン基地維持のためのハワイ併合であった
フィリピン確保にとって最大の危険は 日本の存在であり 日露戦争時 桂タフト密約により 朝鮮とフィリピンを日米で分け合ったのも 全てこの米国本土を守るための戦略であったとの主張が これまた新しい視点で 日米戦争の歴史を考え直す切っ掛けとなりました





by toshi-ohyama | 2019-08-04 06:47 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< 幸楽苑の酸辣湯麺 流れに逆らって >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
定番自慢料理
at 2024-04-21 06:44
リボルバー 原田マハ
at 2024-04-20 05:41
ゴッホのあしあと 原田マハ
at 2024-04-19 07:17
そばぼうろ続々
at 2024-04-18 07:00
星落ちてなお 澤田瞳子
at 2024-04-17 06:25
池袋 まんまる
at 2024-04-15 06:51
Fluctuat nec m..
at 2024-04-13 05:35
品揃えの差
at 2024-04-12 06:59
最高の組み合わせ
at 2024-04-11 06:39
そばぼうる
at 2024-04-10 06:43
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧