人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

納涼住吉踊り

浅草演芸ホール8月中席は 吉例住吉踊り 今回が41回目となるそうです
古今亭志ん朝師が 座敷踊りの名人 先代の五街道雲助師匠の芸に惚れ込み 何とか後世に伝えていきたいとお願いし仲間を集めて勉強会を始めました
何処か発表の場をと探していたところ 話を受けてくれたのが浅草演芸ホール 
実は志ん朝師匠は落語協会 雲助師匠は落語芸術協会 協会の枠を超えての興業は誠に異例のことです

平成10年の夏 大阪に単身赴任をしていた時に偶々帰省し 終日を浅草演芸ホールで過ごしました
ホールの入り口に席亭が立っていて呼び込みをされていました 
「志ん朝師匠が病気でさ 痩せちゃったよ もう観らんなくなっちゃうかもしれないよ しっかり刻み付けときなよ」と 教えてくれました
住吉踊りの前に 5分ほどの短い高座に立たれた師匠は 本当に人相が変わってしまって痛々しいほど 
踊りもきちんとこなしておられましたが 実は 病院から舞台へ通われていたとのこと 一か月後の10月1日には師匠は亡くなられます

志ん朝師匠が亡くなられた後も踊り仲間であった三遊亭圓彌師が座長として続いていましたが 2006年圓彌師も逝去
その後も 立花屋橘之助(三遊亭小円歌)が中心となり 本年は 古今亭志ん彌師座長で公演しています

落語協会 落語芸術協会が 一緒に舞台に立つことは他の寄席では有り得ないこと

納涼住吉踊り_d0338347_07520832.jpg
納涼住吉踊り_d0338347_07530407.jpg
出演者の顔ぶれも大分変わりました
志ん朝師存命の頃は 踊りがきっちりシャキッとしていたように思います 踊り上手の 歌る多 橘之助も 年を取りました
まねき猫の顔は見えませんでした
撮影禁止の舞台も 最後のご挨拶の場だけはOKとのこと 突然の許可で 巧くは取れませんでした
一枚目は 橘之助師のFBからの拝借です

朝10:30の開演から21:00林家正蔵師匠のとりまで 総勢44組の高座を堪能しました
納涼住吉踊り_d0338347_08210604.jpg

 

by toshi-ohyama | 2019-08-18 08:01 | 徒然 | Comments(0)
<< 日本は誰と戦ったのか 新・自民党戦国史 >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
定番自慢料理
at 2024-04-21 06:44
リボルバー 原田マハ
at 2024-04-20 05:41
ゴッホのあしあと 原田マハ
at 2024-04-19 07:17
そばぼうろ続々
at 2024-04-18 07:00
星落ちてなお 澤田瞳子
at 2024-04-17 06:25
池袋 まんまる
at 2024-04-15 06:51
Fluctuat nec m..
at 2024-04-13 05:35
品揃えの差
at 2024-04-12 06:59
最高の組み合わせ
at 2024-04-11 06:39
そばぼうる
at 2024-04-10 06:43
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧