人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

東京裁判史観の虚妄

江崎道朗の二冊目

東京裁判史観の虚妄_d0338347_14534842.jpg
アメリカの保守派が東京裁判史観に疑問を持つ理由

1.当時のソ連・中国の膨張主義に対抗するためには 日本の軍事行動は容認されるべき
   であり 対日圧迫外交を繰り広げたルーズヴェルト民主党政権の対日政策は間違っていた
2.日本を「平和に対する罪」で裁くことは 実定国際法に反している
3.民主党のルーズヴェルト政権にはソ連のスパイが入り込んでいて アメリカの国益に反する外交が行われた
   戦後において ソ連と中国共産党の台頭をもたらした責任は ルーズヴェルトにあるはずだ

1995年7月11日に アメリカ政府国家安全保障局とFBI CIAが 戦前から
戦後にかけての在米のソ連スパイの更新記録「ヴェノナ文書」を公開したことをきっかけに 「ルーズヴェルトとコミンテルンの戦争責任を追及する」という視点から 近現代史の見直しが進んでいる

ヴェノナ文書
  1940年から1944年にかけて アメリカにいるソ連スパイとソ連本国との暗号
  電文をアメリカ陸軍が密かに傍受し 1943年から1980年までアメリカ国家
  安全保障局(NSA)がイギリス情報部と連携して解読したヴェノナ作戦に関する文書

第一インターナショナル
  1864年 欧州の労働者 社会主義者がロンドンで設立
  趣意書は カール・マルクスが起草
  組織内分裂により1876年に崩壊

第二インターナショナル
  1889年 パリで創設された社会主義者の国際組織
  ストライキやデモと云う直接行動によらず 選挙による議会進出によって労働者の
  条件改善を目指す 民主主義社会政党として現在も存続
  一党独裁のコミンテルン 共産党とは一線を画す
  1914年第一次世界大戦の勃発により崩壊

第三インターナショナル
  1919年モスクワで レーニンの主導により創設 
  ロシア共産党主導による 共産主義政党による国際組織
  日本共産党は コミンテルン日本支部として発足 中国共産党も同じ
  1943年まで存続
  世界各国で資本家を打倒して共産革命を起こすことを目的とする
  資本家の財産を奪い労働者に配分すれば労働者の楽園が実現できると主張
  レーニンは世界同時革命を目指すが 跡を継いだスターリンは一国共産主義を主張し
  ソ連防衛を重視した

第四インターナショナル
  1938年 スターリンに反発するトロツキーの呼びかけで結成された国際共産主義
  組織 1940年代以降内部分裂し 中国共産党の指導を仰ぐ新左翼として世界各地
  に残存する

コミンフォルム
  1943年に解散した第三インターナショナルの後継組織 ソ連が主導
  ポーランドで発足したが スターリンの死後1956年廃止 
  世界各地で活動は続いている

コミンテルンの別動隊
  プロフィンテルン(赤色労働組合インターナショナル)
    1921年7月3日 モスクワでコミンテルンの指導の下結成
    第二インターナショナル化の労働組合を切り崩し組織化
    中国に極東支部が結成され反日宣伝工作の拠点となる
  エドキンテルン(教育労働者インターナショナル)
    日本支部は戦前に結成され 戦後日教組の母体となる
    戦後 世界教員組合連盟(FISE)を経て教育インターナショナル(EI)に
    合流
    EIは世界172か国 3千万人を組織化 ユネスコとも連携している

コミンテルンの世界共産化戦略
  資本主義大国同士を戦争に追い込み 自国を敗戦に持ち込む
  敗戦の混乱の中で共産党による革命を生起し 世界共産会を目指す(敗戦革命)

(平和と労働者を守る)人民統一戦線
  1935年7月25日 第7回コミンテルン世界大会(モスクワ)
  大恐慌後のアメリカの復興 ドイツによる共産党打倒運動の高まり 満州事変による
  中国の状況変化に対応
  従来の階級闘争と世界共産党革命路線を修正 ファシズム国家と戦うために 米英の
  資本家・労働者とも手を組む
  世界共産化よりも労働者の祖国たるソ連防衛に力点を置く

  アメリカ共産党は この戦略に沿ってルーズヴェルト民主党政権を支持に軌道修正
  政権内部への浸透を・侵入を画策し始める

  コミンテルンが一番敵視したのが 日本とドイツ

1941年3月
  ルーズヴェルト大統領は ラフリン・カリー大統領補佐官を蒋介石政権に派遣
  4月カリーは蒋介石政権と連携し 日本本土を500機の戦闘機爆撃機で空爆する
  計画を立案(JB355) 7月23日ルーズヴェルト大統領はこの計画を承認

  7月26日 米財務省通貨調査局長ハリー・デクスター・ホワイトの提案により
  在米日本資産は凍結される
  ホワイトは この後ハルノート原案を作成している



by toshi-ohyama | 2019-08-22 06:50 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< SENBEI BROTHERS 日本は誰と戦ったのか >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
リサイタル
at 2024-04-25 06:31
東京タワーで豚丼
at 2024-04-24 06:12
千葉の豚丼
at 2024-04-23 06:01
高峰秀子のジャガー
at 2024-04-22 06:41
定番自慢料理
at 2024-04-21 06:44
リボルバー 原田マハ
at 2024-04-20 05:41
ゴッホのあしあと 原田マハ
at 2024-04-19 07:17
そばぼうろ続々
at 2024-04-18 07:00
星落ちてなお 澤田瞳子
at 2024-04-17 06:25
池袋 まんまる
at 2024-04-15 06:51
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧