人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

海軍反省会

終戦直後の昭和20年9月2日 海軍大臣米内光政は 大東亜戦争の敗戦に至った原因を記録するために調査委員会を立ち上げて居ます
この他軍令部による戦史編纂も企画されますが 間もなく海軍が解体され 編纂作業は中断します
その後も 海軍幹部による座談会が行われ 敗戦の原因 反省が行われ 昭和51年「海軍戦争検討会議記録」(毎日新聞社)が公刊されます
この他 生き残りの海軍将校からの聞き取り調査が行われ 記録として残るが 昭和52年7月中澤佑海軍中将の発案により 昭和55年3月28日から「反省会」が立ち上げられ 平成3年4月25日 第131回まで続く反省会の記録が録音テープとして残り 呉大和ミュージアム館長 戸高一成(平成23年生まれ)が 文字に書き起こし文書化したのが この本であります


海軍反省会_d0338347_19021959.jpg
2009年8月に第一巻が刊行され 2018年7月第11巻で完結
NHKでも取り上げられ話題ともなりました
現役時代には 片手間で読むことも出来ず 漸く読み始めました

第一巻の巻末に 米内が昭和天皇に奏答した内容の草稿が残されております
米内は 今回の敗戦は 軍部の無力さを詫びるとともに 満州事変以降の過誤が原因と説明し 日本人の道義心の不足にその原因を求めています

海軍反省会_d0338347_17175129.jpg
そして 完結の第11巻 完読しました

通勤途上や始業前に読むために 鞄に詰めて通勤したこともありました
NHKが取り上げ 日本海軍400時間の証言という番組も 放映されました

陸軍は 皇道派 統制派というような派閥抗争が絶えず 創始者である山縣有朋に始まる長州派が長く覇権を握ったり 2.26事件以降統制派が皇道派を要職から追い出していく派閥抗争が最後まで耐えませんでした 
海軍軍人は 兵学校の卒業年次 席次で見事な統制を取り この反省会でもきちんと序列順に並び 先輩を批判することは少なかったようにも感じます
東京裁判で一人の死刑も出さなかった海軍は 天皇・国体の護持と海軍幹部を守るため鉄壁の結束を守ります
反省会でも 直接の本人に対する批判は非常に少なく 逝去された先輩には多少厳しい批判も行われていますが 反省という言葉よりも組織的弁解というほうが相応しくも感じます
米内が最初に述べた 海軍の良いところ 悪かったところ 全てが掘り尽くされたわけではないように感じます

 






by toshi-ohyama | 2020-08-04 06:53 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< 日本海軍400時間の証言 AMARETTI >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ジャガー
at 2024-06-21 06:43
豊洲の寿司屋
at 2024-06-20 05:38
浴室のカーテン
at 2024-06-19 09:40
天を灼(や)く あさのあつこ
at 2024-06-17 06:09
高峰秀子の捨てられない荷物 ..
at 2024-06-16 06:49
いっしん虎徹
at 2024-06-15 05:14
本多の狐 羽太雄平
at 2024-06-14 05:29
玄鳥去りて 葉室麟
at 2024-06-13 05:57
にんげん蚤の市 高峰秀子
at 2024-06-12 06:43
C&C
at 2024-06-11 05:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧