人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

枢密院 望月雅士

ハチマキに書かれた通り 枢密院に関しての書籍は殆ど眼にしたことはありません
枢密院 望月雅士_d0338347_13134664.jpg
明治の大日本帝国憲法制定時 伊藤博文の着想により枢密院は生まれています 衆議院 貴族院 枢密院という三院制は 他国にも例はなく 屋上屋を重ねたようにも見えます
伊藤博文は 立憲民主制という建前の元に 実質的な権力は自らの手に残そうと目論んだことは間違いありません
憲法は独逸欽定憲法を取り入れ 国王に擬した天皇は政治には関与させず 君主権に輔弼という政治手法により一定の制限を設ける その延長線上に枢密院を置き 条約締結 憲法改正などに際し 国会決議に対して天皇が諮詢するという形式を創り出しています 国会の決議と枢密院の議決が異なる場合 天皇勅令により国会決議(政府の意向)を優先させるという ある意味枢密院を骨抜きにする 尚且つ国会議論のガス抜きの手段ともする 伊藤魔術と見えます

現在の日本国憲法は 国会審議の上 制度上は枢密院の賛成を以て成立し 憲法成立と同時に枢密院が消滅するという面白い過程を経ています
枢密院の権限が中途半端であり 国家的決断に膨大な時間と手間を要する枢密院の存在ですが 権力機構で不要となった過去の功労者を枢密院に吸収し 此れまたガス抜きに利用するという日本ならではの組織であったことを学びました
著者の功績は高く評価しますが 現在の二院制の無駄や矛盾を学ぶ格好の材料とはなりますが 一院制や議員数削減という政治改善には結び付かないだろうな と云う諦めも感じる一冊でした







by toshi-ohyama | 2023-02-11 05:44 | 幕張図書館 | Comments(0)
<< 花下に舞う あさのあつこ VOLKSWAGEN >>



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大坂同期会
at 2024-07-20 07:46
認知症のわたしから 10代の..
at 2024-07-19 03:41
晴れ風2
at 2024-07-18 06:34
霹靂 惣目付臨検仕る五 上田..
at 2024-07-17 06:23
品川巻き
at 2024-07-16 06:32
利休の茶杓
at 2024-07-15 06:31
白味噌柚子煎餅
at 2024-07-14 07:14
暗殺 柴田哲孝
at 2024-07-13 05:38
晴れ風
at 2024-07-12 06:45
赤絵そうめん
at 2024-07-11 07:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧