ラピスラズリブルー

カテゴリ:徒然( 9 )

初めての3ナンバー

レンタカーではありましたが 初めて3ナンバーの大型車を運転しました
長く自動車運転をしていますが 5ナンバーの小型車しか持ったことがありません
毎年恒例となった仲人の墓参りに三島でレンタカーを借りました

d0338347_19513492.jpg
何時もは 自分の車と同じ FITハイブリッドを選ぶのですが 生憎在庫がなく プリウスの3ナンバーしかありませんでした
車幅等車の大きさは余り感じませんでした
流石に 車の造りはしっかりしていますが とても重い...加速も悪くないのですが 何となく重厚感につぶされそうになりました
普通車の魅力はそれ程感じないまま一日が終わりました 150kmほど走って返却 少し疲れが残ります
もう少し軽快感のある方が 私には居心地よく感じられそうです






by toshi-ohyama | 2018-09-23 05:47 | 徒然 | Comments(0)

ゲランドの塩は

昔から名前だけは知っていたゲランドの塩
実は ずっと岩塩だと思っていました

d0338347_12352413.jpg
d0338347_13275591.jpg


実は 岩塩ではなく 瀬戸内と同じ塩田製法の塩でした
フランス西海岸、ブルターニュ地方 粘土質の地層を生かし 機械を使わず伝統的な手法で生産されるのだそうです
其処には 塩職人(パリュディエ)が 携わっているそうな
近代に入り 一度途絶えかけていた製法を30年近くかけて再生復興がなされたのだとか
料理業界では 高く評価されます
最近 スーパーにも置かれるようになってきました

以前 食品展示会で ゲランドの塩を使った 塩チョコレート成るものを買ったことがあります(試供品)
カカオと 塩は とても合います
但し それ以降 塩チョコレートは一度もお目にかかったことがありません




by toshi-ohyama | 2018-09-11 06:52 | 徒然 | Comments(0)

勝海舟終焉の地

昭和47年 日本ユニバック株式会社に入社して通った赤坂本社の向かい側に 氷川小学校がありました
この地は 勝海舟が 明治5年から明治32年 77歳で逝去するまで居住した場所です
d0338347_07414832.jpg

最近 新しい銅像が建ちました 
d0338347_07413664.jpg
海舟はともかく 坂本龍馬がご一緒に...

海舟は 赤坂で数度転居しており 有名な海舟龍馬面談は 実はここではありません
前述の通り 此処に住んだのは明治5年からですから 龍馬は既に亡くなっています
海舟だけでは 寂しかったのか
しかし 違和感を感じるのは 私だけでしょうか



by toshi-ohyama | 2018-08-02 06:29 | 徒然 | Comments(0)

区別が付きますか?

二つの写真を見比べてください

d0338347_06434844.jpg
d0338347_06434827.jpg
違いが判りますか?

上がバタール(280円) 下がカンパーニュ(335)円

有名ブーランジェリーMK の商品です

バタールは バターを使っているわけではなく フランス語で「中間」の意味だそうです
バケットより短めということ

カンパーニュは「田舎風」 元々は果物の酵母菌を使って焼いていたそうな 

之だけ酷似していると 間違えますね

さて それでは 之はどっち?

d0338347_08035084.jpg
私が 買い求めたのはカンパーニュです











by toshi-ohyama | 2018-07-17 06:13 | 徒然 | Comments(0)

似ているようで

韓国文化院の自販機で見つけたミネラルウォーター

d0338347_06325343.jpg
何処かで観たような... ハングル文字は読めません 裏側を見ると

d0338347_06325567.jpg
サムダソウと読むのでしょうね  FROM JEJU ISLAND と ありますから 済州島産ということでしょう 
何処かで観た記憶 そう 

d0338347_06325482.jpg
VOLVICのイメージそっくりです 但し並べてみると意外と違う
昔々 ロッテのグリーンガムが アメリカのWRIGLEY'Sの包装とそっくりだったことを想い出します(味は ロッテの方が良かった)

d0338347_06325544.jpg
青い色は 爽やかさを表現できるので 似てしまうのは致し方ないのかとも思います
上記写真右側は APAホテルで無料で配っているもの 紛らわしいことは確かです






by toshi-ohyama | 2018-07-09 08:30 | 徒然 | Comments(0)

塩2題

先ずは 写真をご覧ください

d0338347_06081954.jpg
先ずは 右側
減塩塩 塩分50%の塩 此れは如何なる商品?
塩以外のものが50%含まれている?
塩分控えめ生活を求められている私としては 飛びつきましたが 考えてみると不思議な商品
糖分50%OFFとは わけが違う...
不思議な商品 訳わからん

そして左側 赤穂の塩 天塩と書かれていると 塩田で天日干しで塩分濃度を高め巨釜で煮詰める旧来の製塩方法を今も守っているのかと連想させますが
「伝統製法を生かし」という 微妙な表現の説明があるのみ どうも近代製法で作られているように思われます

そう云えば 日本における製塩は 昭和46年塩専売法により古くから続く流下式塩田製法が全廃されイオン交換膜製塩に切り替えられました
これに対して松山市で自然塩存続運動が起こり メキシコ・オーストラリアから輸入される天日海塩を使用することを条件に塩田製法を用いた製塩が認められ
昭和48年 伯方の塩が生まれています
著名な 伯方の塩はメキシコのゲレロネグロ、オーストラリアのプライスのものが用いられているそうです 
即ち 日本の海から生まれた塩では無いのですな...

一方 沖縄宮古島の「雪塩」は 地下海水を汲み上げて使用しているとのこと 沖縄が占領地として日本ではなかったため 国内法が適用されずに今に至っているのかもしれませんね



by toshi-ohyama | 2018-07-05 06:30 | 徒然 | Comments(0)

銀座能楽堂

銀座6丁目再開発で松坂屋跡地で建てられたGINZA SIX 地下三階に 観世能楽堂があります

d0338347_07033037.jpg
銀座一二丁目のガス灯通り付近に 江戸開府の折 徳川家康から拝領した500坪の屋敷があったそうです
大政奉還に際し 徳川慶喜に返却し 渋谷の松濤に移転 今回再開発にあたって 「銀座に還ってきました」と 現二十六世観世宗家 観世清和師が説明してくれました

交詢社が 中央区在住・勤務者に向けて文化講演会を開催しており 初めて交詢社外で講演会が行われました
能舞台は 渋谷松濤から移転してきたもの 総檜組み上げ式 釘は一本も使っていないとのこと 
この檜は 前々回の伊勢神宮遷宮にあたり先々代が伊勢神宮の用材を買い求めたものだそうです

ホールは 縦長 脇正面の席が余りありません
紀尾井ホールのような造りで 音響はとても良く感じます

舞台の裏に 災害時対策として 3千人の3日間の非常食・水が備蓄されており 帰宅困難者の収容場所としての機能も持っています



by toshi-ohyama | 2018-06-11 06:24 | 徒然 | Comments(0)

本店工事中

銀座 トリコロール本店は 只今修理中です 営業は続けて居ります
d0338347_08203585.jpg
現在の本店は 三代目 初代本店は昭和20年東京大空襲で焼失 二代目は昭和21年頃再建され 昭和50年に現在の姿に
40年も経ちますと 雨漏り 水道管の破裂による水漏れ 漆喰壁の腐食等  傷みが目立つようになりました
毎年 少しずつ修復をしていきます
店を閉めることは商売上お客様にご迷惑をおかけする事になるので出来るだけ避け 屋根と外壁を修復するために足場を掛けました

最近 若いお客様も増え 写真を撮られるお客様も多いのですが 1か月ほどご迷惑をおかけします
近隣の皆様にもご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます
 


by toshi-ohyama | 2018-05-28 06:22 | 徒然 | Comments(0)

カツカレーの創始者 歴史の余白

銀座SWISSのカツカレーは 巨人軍の千葉茂が カレーとトンカツを別々に食べるのは面倒と カレーの上にトンカツを置いてくれるように頼んだのが始まりと ずっと思っていました

d0338347_15582026.jpg
今回 読破した歴史の余白では 文化勲章受賞者で元横浜市長平沼亮三の自邸で 戦前からスポーツライスとの名前で 同じ料理が提供されていたと 三田評論 平成21年3月号に 慶應義塾幼稚舎長(校長)加藤三明氏が発表されているとのこと 銀座SWISSは 困ったことになったと思っているのではないでしょうか

歴史上のゴシップや逸話をコラム的に並べていますが この手の本を読むと戸板康二氏の文章が ユーモアに溢れ 思わず微笑んでしまったのを懐かしく思い出します
誰しも 裏話は大好きですが 書き方で下卑てしまうこともあり読後感が大きく異なることもあります

歴史好きは こんな本には 必ず手が出てしまいます



by toshi-ohyama | 2018-05-24 06:04 | 徒然 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
愉しみですね 是非拝見し..
by toshi-ohyama at 06:34
御茶ノ水のmizunoは..
by toshi-ohyama at 06:33
遠方の所から、通われまし..
by 中田定観 at 13:36
スポーツでも靴は一番重要..
by 杉下 at 10:37
横川駅ですねかね。碓氷峠..
by 名無しのごんべい at 01:14
社員の誰か連れてってやて..
by 名無しのごんべい at 01:06
ロッテのガムでも出てたよ..
by 名無しのごんべい at 01:02
宮仕えお疲れっすお疲れ様..
by 名無しのごんべい at 00:55
5枚目は普通っす!
by 名無しのごんべい at 00:50
2枚目最高っす^_^
by 名無しのごんべい at 00:42
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
へぎ蕎麦は海草繋ぎ
at 2018-10-19 06:53
陽炎(かげろう)の門
at 2018-10-17 06:38
お気に入りの靴
at 2018-10-15 06:25
春雷
at 2018-10-13 06:27
チョコレートの進化
at 2018-10-11 05:49
潮鳴り
at 2018-10-09 06:12
広味坊のお気に入り
at 2018-10-07 06:38
蜩の記
at 2018-10-05 06:28
京都地蔵院の散り椿
at 2018-10-03 06:30
木彫は生き残れるか
at 2018-10-01 06:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧