ラピスラズリブルー

カテゴリ:日記( 27 )

喜寿の会

還暦の辺りから 昔の仲間と集まることが多くなってきました

d0338347_19290041.jpg
中学校のクラスメイト 5人で勝沼のワイナリー巡りを愉しみました
原茂(はらも)ワイナリーは70年程の歴史を持つそうです メンバーの一人が5月11日で先頭を切って喜寿を迎えました
銀行員二人 パイロット一人 製菓業界一人 実は4人とも海外勤務経験者 海外から年金を受給していて 現在の円高にニンマリしているところです

中学の担任に原崎茂先生(綽名はハラポン)という方が居られ大変お世話になりました 勝沼郊外を歩いていてこのワイナリーを見付け ハラポン先生を懐かしく思い出しながら献杯しました

現役のうちは 集まることも少なかったのですが 一昨年は53年振りに林間学校でお世話になった戸隠武井旅館を訪ねたり 老人会を重ねています
気心の知れた仲間との至福の時を愉しみました 

by toshi-ohyama | 2018-05-12 05:37 | 日記 | Comments(0)

ゴジラのしっぽ

日比谷にあった三井銀行本店跡地に日比谷ミッドタウンが開業しました
d0338347_08270806.jpg
ミッドタウンは三井不動産の商業集積 ららぽーとから次々に進化していく感があります
日比谷ミッドタウンの隣のシャンテも 改装 広場の手形(東宝系の俳優たち)もミッドタウンの地下通路に移転 ゴジラはミッドタウンの中の東宝シネマズ内に移動
新しいゴジラが登場しました

d0338347_08272078.jpg
今までのゴジラとは尾っぽが異なります

d0338347_08270021.jpg
此方が シャンテにあった旧ゴジラ

東宝シネマズも日劇からミッドタウンに移転して来ました スクリーン数が大幅に増えました 最近のスクリーンは客席に傾斜がありとても見やすくなりました





by toshi-ohyama | 2018-04-24 06:33 | 日記 | Comments(0)

幕張櫻

海浜幕張駅の近くのPANASONIC社有地に 505本のソメイヨシノが植えられています 設計は安藤忠雄氏
京葉線の車窓からも見ることが出来ます(海側です)
panasonicの地域貢献プログラムで造られたようです
d0338347_18333939.jpg
d0338347_18335408.jpg
平坦な埋め立て地に現れる満開の花園 2006年に開設されてから千葉市民の憩いの場として賑わっています 500本でこの絢爛さですから 吉野の桜はもっと見事なんでしょうね 充分堪能させていただきました



by toshi-ohyama | 2018-03-30 08:31 | 日記 | Comments(0)

飼ってください

幕張にはAEONの本部があり 京葉線の線路を挟んで巨大なモールが作られています
以前 AEONは地方の郊外の遊休地を安く借り上げ巨大なモールを作ってきました
モデル店舗と云えば 青森県五所川原をを挙げていたようですが 近年 都市近郊型のモデルが大勢を占めるようになり この幕張の巨大モールは本部にも近いのでモデル店舗にもなっているのでしょう

何せ巨大で ホームセンター 温泉施設くらいが見当たらないだけで何でもあります
老人には 素晴らしいウォーキングコース 雨の日は此処で運動不足を解消できますが 老人の買い物にはいささか巨大すぎる感もあります

売り物の一つが ペットショップであり動物病院(入院は出来ませんが人間様用の病院も完備しています)もあります

d0338347_11120660.jpg
写真は ペットショップに置かれた子猫 里親募集のようです



 

by toshi-ohyama | 2018-03-12 15:27 | 日記 | Comments(0)

本を買うのは難しい

表題に司馬遼太郎と書かれているだけで手を伸ばしてしまう 私だけではないと思います

d0338347_07244581.jpg
司馬さんへの批判本は数多くあるように思います 史実と異なる等々 一部には司馬さんの書かれた本は歴史書として問題ありと批判していますが 彼の書いたのは歴史小説 坂本龍馬ではなく坂本竜馬 燃えよ剣の土方歳三も司馬さんの創った登場人物で歴史上の人物とは異なります 
司馬さんは 政治的影響力を持たぬよう細心の注意で言葉を選んで書かれているように私は思っています

ご紹介するこの本は 余り中身を確認せず 表紙の司馬さんをみて衝動買いしました

著者は 歴史に関して深い知識を持たれているようですが ご本人の考えは余り伝わりません
司馬さんへの批判は 些か偏執的に感じます
その意味で 後味の悪い読後感を持ちました

若いときは 書いてあることは全て正しいことと思い込んでいましたが 流石に今は 読み返して疑ってみる 確認することが多くなってきました





by toshi-ohyama | 2018-03-08 06:50 | 日記 | Comments(0)

珈琲は奥が深い

仕事を引退して 全くの趣味として自宅で珈琲を愉しみ始めました
喫茶店並みの美味しいコーヒーを自宅で味わえれば最高と思い 本格的に先ず道具集めから

d0338347_14494839.jpg
珈琲は煎り立て 挽き立て 淹れ立て の三立てが一番と 先ずコーヒーミルから プロのおすすめは数万円する超高級品 
蕎麦同様豆の挽きはとても重要なのですが 例によって私は まず色から入りました 御覧のような青いミル お値段は3千五百円ほど

d0338347_14503242.jpg
此れもあまり理由がなく ハンバーグ同様粗挽きが良いかと ミルの設定を目一杯粗挽きにしてみたら...
とても飲めたものではない熱い色水が出来上がりました アメリカンのもっと薄い業界で云う「すっぽ抜け」
熱いお湯が豆に含まれる旨味成分を溶かして出来るのがコーヒーの味 全く味が落ちない色水をすっぽ抜けと称します
逆に今度は一番細かく挽いたら 今度はお湯の落ちる温度が遅くなり 苦くて飲めたものではなくなりました

d0338347_14521618.jpg
豆は 元勤務先のトリコロール本店で買い求めました アンティークブレンド 100g650円です
昭和10年代古き良き銀座の少し濃い すっきりした上品な苦みが特徴です

安定した味が出せるようになるまでしばらく時間が掛かりそうです



by toshi-ohyama | 2018-03-04 06:40 | 日記 | Comments(0)

2.26事件の記憶

月曜日は 2.26事件から82年目にあたりました
最近は TV新聞等で取り上げられることも めっきり少なくなってきました

満州事変時 朝鮮派遣軍を金谷参謀総長の静止も聞かず国境を越え中国に侵攻した林銑十郎の独断は 明らかな統帥権干犯であり
軍法会議にかけられれば死刑にも値するものでした
結局不問に付されたこのことが 2.26事件の青年将校の暴走に繋がることは明らかです
軍隊を勝手に動かしても何をしても咎められることはない 背中を押されていると感じていたのではないでしょうか 

d0338347_06581626.jpg
達磨宰相こと高橋是清の赤坂自邸跡が公園になっています

d0338347_06575945.jpg
苦学の末に数々の偉業を達成 軍部の拡大志向に正面から抵抗した高橋首相 5.15事件に続き テロが日本の行く末を決定的に変えてしまいました
我々は テロに抵抗する力を持てていなかった

d0338347_06582265.jpg
齊藤実 渡辺錠太郎 2.26事件で軍部のテロにより殺害された彼ら 最早これ以降 軍部の暴走を止める国家指導者は出てこなかった
その意味で 2.26事件の悪影響は計り知れないものがあります

満州事変 5.15事件 相沢事件 そして2.26事件 大正デモクラシーの後の日本の政治はまさに暗黒時代を迎え一挙に破滅への道を転げ落ちていきます

他国からの侵略から国を守る自衛のための軍備は必要と考えますが テロ同様 軍隊の暴走を抑える手段が見付かりません
千島列島(ロシア)竹島(韓国)尖閣諸島(中国)と 近隣諸国からの武力侵略を許し圧力を加えられる日本の現状を打開する方法を自衛軍を持つ以外にどのような方法があるのか 答えは見つからないままです
戦争の悲惨な記憶と同様に 2.26事件の記憶を忘れないことも この問題を考えるうえで意味があるのではないかと思う次第です






by toshi-ohyama | 2018-02-28 06:40 | 日記 | Comments(0)

名にしおわば(2)

都鳥 其の二

d0338347_11543084.jpg
余りに上手く撮れたので このままにしておくのは勿体なく もう一枚

by toshi-ohyama | 2018-01-04 11:56 | 日記 | Comments(0)

名にしおわば

ブログ上では 今年初めての書き込み

d0338347_19443984.jpg
隅田川の川べりに佇む 都鳥です
まるで 写真を撮ってくれと云わんばかりに 近づいても逃げようともしません
羽根の美しさがわかるほど接近しての一枚です


by toshi-ohyama | 2018-01-02 19:46 | 日記 | Comments(0)

修復に四苦八苦

内臓HDDがクラッシュして PC交換となりました
一番苦労したのはNETへの接続でした クラウドファイルへのアクセスは未だ修復出来ず 
一番安全と思っていたクラウドファイルがなんと一番修復に苦労しています

メールソフトも受信はできるものの 送信がいまだ不可 久しぶりにoutlookを利用して原状復帰に向かっています
改めて 機械は必ず壊れるものだということを実感しています

自由人ですので時間はあるのですが 昔のようにPCを自在に扱うことが難しくなっています

by toshi-ohyama | 2017-12-24 08:19 | 日記 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
闕所奉行裏帳合
at 2018-05-20 05:24
限りなくBlue
at 2018-05-18 06:31
一日たりとも
at 2018-05-16 07:01
上田秀人 104冊目
at 2018-05-14 06:52
喜寿の会
at 2018-05-12 05:37
酸辣湯麺
at 2018-05-10 18:40
昭和陸軍全史
at 2018-05-08 05:17
確かに味が際立つカレー
at 2018-05-06 07:45
残念過ぎる内容
at 2018-05-04 05:52
八十八夜 新茶
at 2018-05-02 07:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧