ラピスラズリブルー

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

友の死

親しく交流を重ねていた小池敏雅君が長い闘病の末に逝去されました 平成27年11月27日午前10時35分でした
小池君は平成の最初の頃 私の部下でもありましたが お互いに会社を離れてからも何かに付けてお会いして交流を深めていました
社会人になって直ぐ 腫瘍を取り除く為 脊髄の2/3近くを切除した影響で 徐々に歩行困難となっても「一度車椅子に頼ったら二度と歩けなくなる」と 晩年まで自力で歩くよう頑張って居られました 16年前にはリンパ癌を罹患 以来入退院を繰り返すも何時も明るい笑顔と不屈の精神で乗り越えて来ました
通常であれば 苦しさに耐え切れず 性格的にも卑屈になりがちですが 彼は何時も明るい笑顔で 且つ只管前を向いて歩んでいたように感じました 

d0338347_14284936.jpg
写真は 韓国に大學同期のNさんと旅した時のもの

彼は創価大学5期生 未だ建学から間もない頃の母校を彼は其れこそ全力で支援 後輩達の就職活動支援にも力を尽くしていました 未だ卒業生も少なかった時期です 後輩たちがどれだけ力強く感じたか想像に余り有ります

何時もピーピーしているくせに ちょっと金が溜まると大好きな海外旅行に飛び出して行きます アムステルダムを旅した時の私へのお土産は アムステルダム国立美術館発行の「カタログ」しかも日本語版です 私がレンブラントの「夜警」を観たがっていたことをしっかり覚えて居てくれたのです 

d0338347_14292571.jpg
此方は 小池君が撮影した「夜警」(海外ではフラッシュを焚かなければ撮影OKの処が多いそうな)

良く会社に迎えに来て貰って「鰻」を食べに行きました 彼は熱烈な「野田岩」派 しかも飯倉本店をこよなく愛し 独りでも良く暖簾を潜って居たようです
幾ら他の店に誘っても「野田岩の旨さには勝てない」の一言で一蹴されてしまいました
私は「蕎麦前」ならぬ「鰻前」をゆっくり愉しむのですが 彼は運転が有るので呑めません 恨めしそうに私に注いでくれます 申し訳ないが独り呑む酒が又格別に旨かった

d0338347_14293311.jpg
此方も 小池君撮影の野田岩の鰻重

前回の退院後 彼はふとこんな言葉を漏らしていました「段々 入退院の間隔が狭まって来た もう直ぐ還暦を迎えるけど 段々体力的な自信が無くなって来た」
彼には 2030年11月18日まで何としても生き抜いて 創価学会100周年の大勝利を共に祝いたいという熱烈な希望が有りました
残念ながら その夢は果たせませんでした さぞ悔しかったことでしょう

11月27日 10:37 私は 彼宛にmailを送って居ます 業務中は滅多に私的なmailは打たないのですが この日は朝から立て込んでいてmailを打つのが遅くなってしまいました
「午後 少し時間が出来たので 入院先の東京済生会中央病院に見舞いに行きたいが 都合は如何?」という 内容でした
mailを打ち終えたのは 彼が息を引き取って僅か2分後でした... 西方へ旅立つ彼が ちょっと立ち寄って呉れたとしか思えません
哀しい哉 哀しい哉 又 哀しい哉...

苦しむことも無く 眠るが如く息を引き取ったと 彼の弟さんからお聞きしました
彼のお題目は確実に聞き届けられたと確信します 信心が無ければ到底頑張れなかった苦行を見事に成し遂げました 小池君 見事な生き様でした

実に安らかな 呼び掛けたら眼を覚ましそうな とても穏やかな顔でした


by toshi-ohyama | 2015-11-30 17:50 | 日記 | Comments(0)

あさつゆ

「あさつゆ」と云う茶葉の品種が有ります
1953年 静岡県金谷に在る国の研究機関 野菜茶業研究所で宇治茶から創り出された煎茶用の品種で 天然玉露と呼ばれています
私が あさつゆを知ったのは 前職の同期の友人から 鹿児島知覧の大名屋敷を紹介されて訪問し その大名屋敷で知覧茶を紹介されました すっかり知覧茶が好きになり飲み続けているうちに スーパーの成城石井で売られていた知覧茶の「あさつゆ」と云う商品が始まりです

ペットボトルのお茶は 飲む気がしないので丸の内仲通りの一保堂で相談して 水出し玉露を色々試してみました 但し少し高価すぎるので更に物色を続けていましたが
職場の直ぐ近所に「長峰製茶」というお茶専門店が在り覗いてみました
長峰製茶は静岡の製茶工場が開いている販売店で あさつゆが一番の売れ筋と聞き お店の方と色々話してみました
とても詳しく 科学的に説明してくれますがとても難しくて覚えられません
水出し玉露より あさつゆを熱湯で淹れて 氷の上に注ぎ一挙に冷やして持ち歩くのが一番良いのではないかと助言を頂き 早速試してみました


d0338347_10392490.jpg

d0338347_10392415.jpg
































写真の真空パックは 100g 648円 お値段も手頃です
お湯の温度 蒸らし時間等試行錯誤が必要なようですが 比較的好みの味が得られました


by toshi-ohyama | 2015-11-18 10:57 | 幕張食堂 | Comments(0)

裏表

愛読している作家に 上田秀人が居ます
現役の歯科医を続けながらの作家活動は 可也ハードな生活を続けて居られるのだと思います
今回の作品は 実に奇想天外 更には単行本に加えて 文庫本を世に出すに当たり 同じテーマを違う視点で「表編」「裏編」に分けて刊行すると云う過去に類を見ない発想で書き上げています
そもそものテーマは 織田信長が本能寺の変で倒れた際 遺体が見つからなかった処に発想を得て 天主閣の「天主」を主題としています
単行本では 信長が本能寺から逃げ出すときに 抜け穴を使って脱出を試みると云うストーリーだったように思います
巻末に著者ご本人が 追記として 「二度としません こんなことは」と綴って居ます 是非ご一読を勧めます


d0338347_13354870.jpg

by toshi-ohyama | 2015-11-17 09:08 | 幕張図書館 | Comments(0)

東京から大阪へ

「ぼんち揚げ」です 東京では「歌舞伎揚げ」の方が有名でしょうか

d0338347_17595104.jpg
関西のお菓子らしく揚げ方は 関西風の薄い色に 東京の歌舞伎揚げは ごま油で揚げた様なもっと濃い色です 
d0338347_17595134.jpg
製造元の「ぼんち株式会社」は 実は創業は東京 昭和6年東京都新宿区高田の馬場で竹馬治郎が煎餅あられ製造「中央軒」を立ち上げ東京大空襲で工場焼失 大阪淀川区で再出発し現在に至って居ます

ぼんち揚げは 昭和38年 山崎豊子の小説「ぼんち」にちなんで命名 昭和44年東京進出の際に会社名も変えたとのこと 此処にも関東と関西の味覚の違いが現われています
トリコロールが関西で惣菜屋を開いた際に 天麩羅の揚げ具合を 関西風の薄い色のあっさり風味のものと 関東風の胡麻油で色濃く上げ香ばしさを出したものとお店によって
出し分けて居ました 

小さい島国の中で 四季が有り 旬が有り 地方其々の味がある 誠に日本と云う国は奥が深いです 


by toshi-ohyama | 2015-11-11 09:14 | 幕張菓子店 | Comments(0)

完全走破はしたけれど

前回ご紹介した銀座八丁神社巡り2015 

開催三日目(最終日)の11月3日(祝)に全神社をお参りしました
何時もは初日に巡るのですが 今年は初日は都合が悪く 2日目は出勤 3日目出掛けてみました
集印帳を持って歩く人の姿は余り見掛けませんでした 12:00から16:00の開催だったのですが 昼食をゆっくりとって13:00過ぎから廻り始めました
あづま通りのあづま稲荷さんにお参りしたのは14:30頃でした  

d0338347_17422891.jpg
あづま通り町会事務局 後藤さんが待機されて居られましたが 今しがた記念品が全て配り終えられたとの連絡が有ったとのこと
確か 全部で2000個ほど記念品が用意されていたはずですが 初日だけで1000個は出ているとのこと
誠に残念ながら今年は 記念の干支の土鈴を頂くことは出来ませんでした 
資生堂本社ビルロビーの成功稲荷神社で 飾ってあった土鈴の写真を撮らせて頂きました(景品獲得不成功神社にて)

d0338347_17424115.jpg
景品交換所で 一言文句を云おうと声を掛けたら 「来年はもっと早く廻ってください」と軽くあしらわれてしまいました...
来年は 母の干支でもある申年でしたが 誠に幸先の悪い出だしとなってしまいました



















by toshi-ohyama | 2015-11-05 17:57 | 銀座百景 | Comments(0)

安全祈願

勤務先のトリコロール本店のある「銀座あづま通り」には あづま稲荷が鎮座まします
町会でお守りしていて 毎年初午祭 銀座まつりの行われる11月に赤坂日枝神社から神主をお招きして御祓いを行います

d0338347_13245717.jpgd0338347_13245754.jpg





























この日は 銀座まつりの無事挙行を祈願しました

御祓いの後は 直会(なおらい) 
同じくあづま通りの新富寿司さんで美味しい鮨に舌鼓を打ちます

d0338347_13245751.jpg

















d0338347_13245704.jpg

d0338347_13245736.jpg

















新富寿司さんは 御鮨も絶品ですが 季節のお料理が何時も沢山並び 美味しい季節を愉しませてくれます

d0338347_13561611.jpg
d0338347_13561699.jpg

11/1~3 12:00~16:00 銀座八丁神社巡り 銀座松坂屋屋上の靍護(かくご)稲荷は再開発中で休み 十社の集印を集めると 来年の干支の土鈴が
頂けます































by toshi-ohyama | 2015-11-01 14:11 | 銀座百景 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
横川駅ですねかね。碓氷峠..
by 名無しのごんべい at 01:14
社員の誰か連れてってやて..
by 名無しのごんべい at 01:06
ロッテのガムでも出てたよ..
by 名無しのごんべい at 01:02
宮仕えお疲れっすお疲れ様..
by 名無しのごんべい at 00:55
5枚目は普通っす!
by 名無しのごんべい at 00:50
2枚目最高っす^_^
by 名無しのごんべい at 00:42
鰻やっぱり良いですね^_..
by 名無しのごんべい at 00:38
鰻!美味しそうですね!俺..
by 名無しのごんべい at 00:34
現役の頃から名店をよくご..
by 名無しのごんべい at 00:22
僕も食べたい^_^うまそ..
by 名無しのごんべい at 00:19
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初めての3ナンバー
at 2018-09-23 05:47
昭和の怪物 七つの謎
at 2018-09-21 06:16
千葉名産 焼き蛤
at 2018-09-19 07:10
朝鮮人特攻隊員の碑
at 2018-09-17 06:35
てんぷら近藤
at 2018-09-15 06:27
逆転した日本史
at 2018-09-13 04:22
ゲランドの塩は
at 2018-09-11 06:52
暁のひかり
at 2018-09-09 06:20
トラジャ40年
at 2018-09-07 06:36
よろずや平四郎活人剣
at 2018-09-05 07:05
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧