ラピスラズリブルー

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

田楽味噌

京都八坂神社山門前 二軒茶屋名物に豆腐田楽があります 何度も近くを通っていますが未だ賞味したことは有りません 
豆腐田楽 大好物です

自宅でも簡単に作れますが 中々思ったような味になりません ポイントは当然ながら味噌です

d0338347_09093500.jpg
色々試してみて 今一番のものはこの田楽みそ マルコメ製 化学調味料無添加 白味噌仕立て
そう 白味噌が肝心なのです

信州味噌 八丁味噌 等々 美味しい味噌は数々あれど 白味噌に勝る味噌無し...です 但し塩分は高めなので注意が必要です

そこで 私の作品
d0338347_09093643.jpg
ちょっと豆腐の下部が削れちゃいましたが 其処は愛嬌でご勘弁

湯豆腐 冷やっこ に飽きたときの夕飯の定番になりました



by toshi-ohyama | 2017-01-30 12:18 | 幕張食堂 | Comments(0)

治部煮

銀座町会の役員会を開催する 大志満(銀座コア9階)は加賀料理の銘店 
加賀料理と云えば 治部煮です

d0338347_10340725.jpg
加賀は 関西圏で加賀料理は京懐石の伝統を受け継いでいるため お味は上品な京風です

治部煮は 鴨と金沢特産のすだれ麩 出汁のお味は思わず唸るほど深みのある美味しさです 汁にとろみが付けてありますが これは鴨にまぶした小麦粉に拠るのだそうです
麩の上に少しだけ載せた薬味のワサビを溶かすと 此れが又絶品の味を醸し出します

料理が提供される時に 商品名を教えて呉れるのは当然として この治部煮だけは簡単な説明が付きます お店の看板料理という位置付けなのでしょう

町会のお仕事とはいえ仕事冥利 この治部煮は万難を排して駆け付ける魅力があります



by toshi-ohyama | 2017-01-25 08:47 | 幕張食堂 | Comments(0)

日本書紀の呪縛

日本の歴史を学ぶ上で重要な位置づけにある書「日本書紀」をとても判り易く解説してくれます
d0338347_09003684.jpg
日本書紀は 天武10年(681)に編纂が命じられ 養老4年(720)に完成しています 

1.国の始まりから記し 神武天皇から持統天皇が皇孫皇太子軽皇子(文武天皇)に皇位を譲るまでを記している
2.神武から持統まで天皇家のみが皇統を継いでおり「万世一系」であることを主張している
  明治期に岩倉具視が「万世一系」を朝廷への意見書の中で使用している
3.津田左右吉は 
   a.神話は古来からの伝承ではなく編集者が作成した 
   b.神武天皇から仲哀天皇に至る記載は歴史的事実とは認めるが 朝廷および日本書紀を作成した諸氏族の思想を記したもの
   c.天武・持統に関する記載は歴史的事実と認めるが 応神から持統に至る記載は歴史的事実とは認められない
   d.全文が掲載されている「憲法十七条」は 第12条に国司という記載があるが この時代には国司という制度は成立していないので
    聖徳太子の制定したものではなく日本書紀編纂者の創作であろう
   e.大化の改新(646)の詔は 後の近江令(668)の文を編纂者が盗用したもの
    (近年大化の改新という言葉は使われなくなった)  
4.天皇の称号は 中国の呼称を天武もしくは持統天皇から使用されている
5.天孫降臨の話は 持統から見た皇孫軽皇子(文武天皇) もしくは元明天皇から見た皇孫首皇子(聖武天皇)をモデルとしてアマテラスとニニギを想定し
  権威化を図っている(天壌無窮の神勅)
6.日本書紀は天皇家と書記編纂にあたった天皇を取り巻く氏族の権威付けのために書かれ 編纂から外された氏族が 古事記 古語拾遺 続日本紀等の歴史書を
  編纂して権力闘争の一助とした
7.聖徳太子は モデルは有ったにせよ歴史上の人物としては認めがたい

とても平明で判り易く 且つ古代の政治情勢が整理できました

by toshi-ohyama | 2017-01-22 15:28 | 幕張図書館 | Comments(0)

第19回 個展

奈良の友人 堀内保彦さんの第19回目の個展が 5月の連休に開催されます
平成17年5月5日 偶々奈良を歩いているときに第1回個展を開催されている堀内さんと出会いました
堀内さんは地元樫原に在住の写真家 SL F-1 そして里山と幅広い領域をカヴァーされています
入江泰吉さんの作風を追い掛け 大和の美しい四季を素晴らしい色彩で表現されます
今年の5月は 19回目の個展となります 近隣の方宜しければぜひ足をお運びください
私も 駆けつける積りです




d0338347_10333992.jpg

by toshi-ohyama | 2017-01-20 14:02 | 幕張美術館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
区別が付きますか?
at 2018-07-17 06:13
藤沢周平(5)長門守の陰謀
at 2018-07-15 06:18
奇跡的なお値段 赤坂ふきぬき..
at 2018-07-13 06:13
藤沢周平の歴史小説 
at 2018-07-11 06:03
似ているようで
at 2018-07-09 08:30
近代日本人の精神史
at 2018-07-07 05:37
塩2題
at 2018-07-05 06:30
鬼はもとより
at 2018-07-03 05:28
同じ商品なのに
at 2018-07-01 06:26
西郷どん
at 2018-06-29 06:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧