ラピスラズリブルー

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

歴史にもしはないが

少し時間の余裕が出来て 溜まっていた本を読み漁る時間が出来ました
休みの日に 二時間ほど 近所のドトールへトートバッグ一杯の本を持ち込み コーヒーを啜りながら文字の世界に浸り込みます

先ずは 謎の存在だった 森 恪(つとむ) 5.15事件と2.26事件の丁度間に49歳の若さで亡くなった政友会の闇将軍 
東洋のセシルローズの綽名を受けていたようです
三井物産で頭角を現し 政治外交の世界で大きな流れを築きました
陸軍と結びつき 満蒙の利権を確保すべく走り回った人生だったようです 
5.15の黒幕と云われたこともあるようですが 事実ではないようです
「もし 森恪がもう少し長生きしたら 日米戦争は避けられた」との見方もあるようですが...
石原たちが満蒙の領有権を狙ったのとは異なり、彼は日本の満蒙での特殊権益を拡大し日本の国力を高めることを目指した西欧帝国主義と同じ道を目指しています
幣原喜重郎の外交政策を徹底的に否定 軍事力は居留民保護と日本の権益を守るために政治主導で用いようとしています

d0338347_20094907.jpg

さて もう一冊は

d0338347_20094909.jpg
井沢元彦は 確かTVディレクターから いつの間にか歴史研究家に鞍替えしたような方
何時も 読者にあっと言わせるような奇説を展開します
この本では 西郷隆盛は征韓論者ではなかったと主張します
ある意味で歴史をお茶の間に持ち込んでくるTV的な発想の持ち主です
決して100%賛同することはないのですが 読んでみようかなと思わせる魔力を持った作家です





by toshi-ohyama | 2017-03-31 20:32 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
区別が付きますか?
at 2018-07-17 06:13
藤沢周平(5)長門守の陰謀
at 2018-07-15 06:18
奇跡的なお値段 赤坂ふきぬき..
at 2018-07-13 06:13
藤沢周平の歴史小説 
at 2018-07-11 06:03
似ているようで
at 2018-07-09 08:30
近代日本人の精神史
at 2018-07-07 05:37
塩2題
at 2018-07-05 06:30
鬼はもとより
at 2018-07-03 05:28
同じ商品なのに
at 2018-07-01 06:26
西郷どん
at 2018-06-29 06:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧