ラピスラズリブルー

<   2018年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2.26事件の記憶

月曜日は 2.26事件から82年目にあたりました
最近は TV新聞等で取り上げられることも めっきり少なくなってきました

満州事変時 朝鮮派遣軍を金谷参謀総長の静止も聞かず国境を越え中国に侵攻した林銑十郎の独断は 明らかな統帥権干犯であり
軍法会議にかけられれば死刑にも値するものでした
結局不問に付されたこのことが 2.26事件の青年将校の暴走に繋がることは明らかです
軍隊を勝手に動かしても何をしても咎められることはない 背中を押されていると感じていたのではないでしょうか 

d0338347_06581626.jpg
達磨宰相こと高橋是清の赤坂自邸跡が公園になっています

d0338347_06575945.jpg
苦学の末に数々の偉業を達成 軍部の拡大志向に正面から抵抗した高橋首相 5.15事件に続き テロが日本の行く末を決定的に変えてしまいました
我々は テロに抵抗する力を持てていなかった

d0338347_06582265.jpg
齊藤実 渡辺錠太郎 2.26事件で軍部のテロにより殺害された彼ら 最早これ以降 軍部の暴走を止める国家指導者は出てこなかった
その意味で 2.26事件の悪影響は計り知れないものがあります

満州事変 5.15事件 相沢事件 そして2.26事件 大正デモクラシーの後の日本の政治はまさに暗黒時代を迎え一挙に破滅への道を転げ落ちていきます

他国からの侵略から国を守る自衛のための軍備は必要と考えますが テロ同様 軍隊の暴走を抑える手段が見付かりません
千島列島(ロシア)竹島(韓国)尖閣諸島(中国)と 近隣諸国からの武力侵略を許し圧力を加えられる日本の現状を打開する方法を自衛軍を持つ以外にどのような方法があるのか 答えは見つからないままです
戦争の悲惨な記憶と同様に 2.26事件の記憶を忘れないことも この問題を考えるうえで意味があるのではないかと思う次第です






by toshi-ohyama | 2018-02-28 06:40 | 日記 | Comments(0)

ホタル帰る2

鳥浜トメさんの話を石原慎太郎が脚色して映画化した作品

d0338347_15244997.jpg
この映画は 鳥浜トメさんの口述による「ホタル帰る」 高倉健主演映画「ホタル」とも 一部違いがあります
現地の富屋旅館(今は記念館で管内撮影禁止)には 宮川三郎軍曹がホタルになって戻ってきた時に柱の上部に止まったとされる場所が矢印で示されていました
この映画の中では ホタルは富屋の庭先に戻ってきます
自らが朝鮮人であることをトメさんに話し アリランを唄った情景も少し本とは違います
石原慎太郎が脚本化したのは ドキュメンタリーではないのですから仕方のないことではあります

私が注目したのは 劇中の大西瀧治郎の言葉
特攻は無駄死にではないのか 帰還出来ない体当たり作戦はやってはならない作戦ではないのかと部下に問われ「日本は負ける 敵が上陸してこようとしている今 戦況を少しでも押し返し 日本人の矜持を示し 少しでも有利な終戦に持ち込むための必要悪だと云い切ります そして彼はその責を負うて割腹します
国体護持のため特攻作戦を完遂すると述べる大西に 部下が国体とは何ぞやと問うと「国体とは 日本という国家、民族の意思である」と大西は答えています
当時 国体を明確に定義付けることが出来る人はどれだけいたのでしょうか 天皇陛下イコール国体とのイメージを国民に押し付け 自らの権力闘争の武器とした連中の多さ そして終戦後 保身に明け暮れるものの悪あがきを醜態として記憶し 大西の云う国体が実体のないものだったことを感じます

君たちは神だと煽てあげ 俺たちも後から行くと云いながら自分たちは生き残る上官達 整備不良と帰還する特攻兵を卑怯者となじり無理やり又特攻に追いやる上官
本土決戦のためと程度の良い飛行機は本土に残し 敵戦艦のいる沖縄沖まで飛ぶことも難しい整備不良機を錬度の低いまま送り出す 様々な矛盾を展開していきます

特攻は志願ですか 命令ですか と問われ 大西は「志願という名目の命令でなければならぬ」と答えます
大西の思いは一つの主張でしかなく 実体として大西が守ろうとした日本人の矜持は ごく一部の日本人にしか存在し得なかったと思わざるを得ません

それでも 後に残された我々は 戦争の記憶を語り続けなければいけない 決して忘れてはいけない そう思います






by toshi-ohyama | 2018-02-26 08:25 | Comments(0)

王政復古

最近 京都御所が公開され一般拝観が許されるようになったそうです
歴史好きの私も是非一度拝観してみたいと思います
一番興味があるのは 小御所 1868年(慶応3年12月9日)王政復古の大号令が発せられた場所です

拝観の前に是非一読をお勧めしたい本があります

d0338347_11005361.jpg
前半部は 文久3年(1863年)3月 第十四代将軍徳川家茂の上洛の様子から書き起こし 京都御所の内部や禁裏の中で行われる諸行事を説明してくれます
朝廷行事や将軍の謁見がどのような形で進められたのか 事細かな説明は格式礼法により身分制度・特権が厳密に決められており 朝廷が与える勲位の権威付けの仕組みを理解することが出来ます

この本で知りえた話 小御所は上中下の三つの部屋から成り 玉座はありません
小御所会議の様子は 神宮外苑の聖徳記念絵画館の絵から伺うことが出来ますが 実は明治天皇は臨席していなかったと 著者は推定しています

その二
何時頃からか 天皇はその姿を御見せになることは殆どなく 朝議の際も御簾を下ろし 直接話すこともなかった
姿を隠すことにより神格化を進めていったということでしょうか
大名行列も頭を低くし直接見ることは禁じられていたし 将軍拝謁も同じように儀式化を進め 直答も許されなかった
大久保利通は 大阪遷都を提案していますが その中で天皇の視覚化を目指しています

安政五年の戊午の密勅も孝明天皇の与り知らぬところで出されたという話もあり 孝明天皇の暗殺説とか 明治維新には表に出てこない闇の中の話も多く 政権争奪のための政争も数多く存在したように思えます



by toshi-ohyama | 2018-02-24 06:47 | 幕張図書館 | Comments(0)

空也最中を食べに行く

銀座空也の最中は お店に電話して予約し 店まで取りに行かないと手に入りません

ところが!

何時でも 空也最中を食べられる場所が 都内に一か所だけあるのです

余り教えたくない場所ですが 早稲田の「漱石山房記念館」に併設の 「CAFE SOSEKI」

d0338347_15001694.jpg

夏目漱石が最晩年を過ごした住居跡に 生誕150年を記念して 新宿区が昨年9月に開館し 大人気とか

CAFE SOSEKI は 入館料も掛かりません



by toshi-ohyama | 2018-02-22 06:45 | 幕張喫茶店 | Comments(0)

元老

明治時代 明治維新を先導した 元老と呼ばれた8人の指導者が居ました
伊藤博文 山縣有朋 黒田清隆 井上馨 松方正義 西郷従道 大山巌 西園寺公望 です

実は 元老はその職制を定義付ける もしくは任命の根拠となるものは 何も存在しないということを初めて知りました
明治8年(1875)設立された元老院と元老とは全く関係がありません
元勲という言葉がありますが 此れは天皇から「元勲優遇の詔勅」が下されたものを指しますが 元老と一致するものではありません
また 大隈重信は報道関係から元老と呼ばれたこともありますが 正式な元老とは扱われていません

元老の役割は 首相の選出 内閣の存廃 戦争 条約の改廃等ですが 正式の組織でもなく 大日本帝国憲法に基づく日本政治制度上の悪弊であるとその廃止を叫ばれた時期もあります 
元老は 西園寺公望が選ばれたのち その構成員の死去により人数が減り 最後には西園寺一人となってしまいます
元老は その構成員からの推挙で追任されていきますが 首相経験者たちは重臣という言葉で括られるものの元老にはなれませんでした

d0338347_14460341.jpg
伊藤博文が初代の総理大臣となって以降 西園寺がなく直前の第二次近衛内閣まで 首相の選任は元老の推薦もしくは承認により天皇から命じられる形がとられています
明治維新には 功罪があり この元老という仕組みは一部の権力者たちが自らの権力を独占し続けるための仕組みであったともいえます
特に西園寺公望は 後輩たちを元老に加えることなく権力を独占するばかりか 徹底した責任逃れに徹したことを知りました 近衛首相の責任逃れ(放り出し)も顕著ですが 右翼からの暗殺を逃れようとしたのか西園寺の逃げも負けず劣らずだったことを知りました

企業人を卒業すると 権力闘争を 今までとは違う目でとらえることが出来るようになります


by toshi-ohyama | 2018-02-20 06:53 | 幕張図書館 | Comments(0)

閉店

勤務先が運営するパスタハウスが 2月19日で閉店します

d0338347_07164615.jpg
私が転職した年に開店した TFTチャオ 20有余年の歴史に幕 嘗て私自身が担当したこともある店なので 感慨ひとしおです

d0338347_07164679.jpg
店舗の名前を冠したアルラチャオ 最大20店舗近く有った店も 本州ではこの店が最後 多分もう味わうことの出来ない美味しさを一人で愉しみました

d0338347_07164653.jpg
最後のペアとなった 鈴木 織田 のコンビ お疲れさまでした




by toshi-ohyama | 2018-02-18 07:14 | 幕張食堂 | Comments(0)

ホタル帰る

友人に勧められて 知覧を訪れたのは 2005年ですから もう10年以上昔のこととなりました
大学3年時に 山口県徳山沖 大津島の開店記念館を訪問し 母校の学生服が展示されており 特攻で亡くなられたその方の遺書を読んで大きな衝撃を受けました
以来 特攻に関する史跡を巡る中で 知覧にも足を運びました


知覧平和祈念館で鮮烈な衝撃を受け 特攻兵の遺書を滂沱の涙で最後まで読み切れぬまま記念館を後にしたことを思い出します

鳥浜トメさんが 自らの財産を擲って特攻に出撃する若者達の面倒を見たのは 彼女が40歳前後のこと
此の溢れる笑顔は何処から湧き出てきたのでしょうか 未来を閉ざされた若き特攻兵達がどれだけ癒されたことか 
特攻兵の世話をすることで 彼女の経営する富屋食堂は一日中憲兵に監視され 時にはトメさんが暴行を受けることもあったようです

d0338347_15015348.jpg
鳥浜トメさんの話は 次第に尾ひれがつき あらぬことも流布されている中で トメさんの次女 礼子さんの口述をもとに書かれた本が此方です

晩年のトミさんは マスコミ嫌いとなられましたが 唯一気を許して親しくされたのが石原慎太郎だったそうです
彼がトミさんから聞いた話をもとに脚本を書き映画化したのが「俺は 君のためにこそ死ににいく」です
とみさん役は 岸恵子が勤めています
新宿3丁目には 礼子さんの息子さんが「薩摩おごじょ」という店を開いているそうです 一度訪ねてみたいと思います

彼女が中心となって建立した特攻観音は 私の生まれた世田谷にも4体造られたうちの2体が祀られています(世田谷観音)

毎年 8月15日 12月8日には 第二次世界大戦に係る特集が組まれますが 次第にその数も減ってきているような気がします
私には 戦争経験がありませんが 我々には語り継ぐ責任があるように思えてなりません
私たちは 決して戦争を忘れてはいけない 考え続け語り継ぐことで平和を希求することが大切と思います

祖国を守るということは 社会党・共産党の云うような自衛権の放棄ではない 自衛権は保持しなければならない 
愛する我が祖国日本を守るということは 戦前に我々が考えた大陸への進出でもなく 他国への攻撃でもない
自衛権は もっと真剣に考えるべきでしょう

最近 高倉健主演の映画「ホタル」を借りてきて鑑賞しました
鳥浜とめさんの体験を題材にしていますが 飽くまで別のフィクションです
戦争を考えるには とても良い作品です


by toshi-ohyama | 2018-02-16 07:16 | 幕張図書館 | Comments(0)

韓国人が知らない安重根と伊藤博文の真実

著者「金文学」氏は中国瀋陽に生まれた中国朝鮮族三世 同志社大修士 広島大博士課程で学び 現在広島福山で教鞭をとっておられます
自分は 朝鮮人 日本人 中国人の立場の視点を持てると話されている方 現在は日本に帰化されているそうです
安重根の問題は 日韓関係には避けて通れない歴史の通過点 日韓の歴史を考えるうえで 確かに我々は知らないことがまだまだ多いと感じる一冊です
d0338347_06393252.jpg
現在は日本に帰化 国際安重根記念協会 日本支部長
普通 韓国では 日露戦争を日本の大陸進出と朝鮮半島の支配権確保を目的とした侵略戦争として非難するが 安重根は 伊藤暗殺後の旅順獄中で執筆した「東洋平和論」の中で日露開戦は黄白両人種の競争というべきものと捉え 日本の勝利に快哉している
1905年(明治38年)9月 ポーツマス条約により 日本は韓国の保護権を得 米英をはじめとする西欧諸国から同意を取り付けている
 同年12月21日 伊藤博文が初代韓国統監に就任 1906年3月2日 漢城に赴任
1905年11月17日 伊藤は 第二次日韓協約(乙巳条約)を強制的に締結する
伊藤自身は韓国併合には反対であった にもかかわらず 伊藤が 枢密院議長からの降格となる統監就任を受けたのは 軍人による武断政治を未然に防ぐ狙いがあったのではと推測する
事実 1910年8月の日韓併合後 寺内正毅初代朝鮮総督は厳しい武断政治を実施している

1909年10月26日午前十時 ハルビン駅頭で伊藤は安重根の銃弾で暗殺される
安重根自身も 翌年3月26日 午前死刑に処せられる

安重根の東洋平和論
1.旅順を中立化し開放し 日清韓が共同管理する軍港とする
2.従って 三カ国が代表を派遣し平和会議を組織する
3.東洋の共同銀行を設立し 各国の共同貨幣を発行する
4.日清韓三か国の青年達の共同群団を作り 二か国語以上の語学教育を施し 友邦兄弟の観念を形成する
5.日本の指導の下 清韓は商工業の発展を志向する
日本の経済的文化的な近代性・先進性を活用する共同発展を提案する
6.日清韓の皇帝がローマ教皇を訪問し 協力を誓い王冠を戴くことで世界市民の信頼を
受けるようにする
日清韓三国の指導者は 三国のうち一番の先進性を保持する日本とする
安重根のこの提案は 近年 東アジアで盛んに議論されている「東アジア共同体構想」を先駆的に提示している
東アジア各国の共同開発 多重言語教育 共同開発銀行 共同貨幣システム 共同軍事防衛体系は「東アジア共同体構想」そのものといえる

「大アジア主義」
 幕末から1890年代にかけて 日本が西欧諸国の「西力東漸」の大勢に抗して 民族の独立を如何に確保し西洋勢力の外圧から祖国を守るため 日清提携・連帯をはじめアジア勢力の連合を唱えた思想
佐藤信淵 平野國臣 勝海舟 志賀重昇(しげたか)福沢諭吉 荒尾精 根津一
杉田定一 川島浪速 頭山満 内田良平 北一輝 宮崎滔天

伊藤博文暗殺による影響
1.山縣に代表される軍人による朝鮮の武断統治・韓国併合の口実を与えてしまった
2.伊藤が作成した大日本帝国憲法の弱点改正を推進する人物が実質上居なくなった
  伊藤は 陸海軍大臣への首相権限を強化しようとしていた
  統帥権の独立を阻止しようとしていた
3.大陸への膨張政策を止める歯止めが失われた
安重根の伊藤暗殺の目的は 日本の侵略を食い止め 朝鮮の独立を維持することであったが 現実は逆行することになった
伊藤博文の旧姓は 林 彼の生まれた下関は朝鮮からの帰化人が多く住んだ場所であり 銃弾を受けた伊藤は 犯人が朝鮮人青年と聞いて「ばかな奴だ」と呟いている
著者は「伊藤は 「林」という名前の韓国人の子孫である可能性が高いと 述べています

日本と韓国は 何時になったら第二次世界大戦後の二国間の関係を進めることが出来るでしょうか
日韓協定により戦後処理は終わったはずなのに 何時までも両国の関係は改善が進みません
日中国交回復の折 周恩来は両国間の紛争に終止符を打ちました 
日韓の関係は 日本側から何か出来ることが残されているのでしょうか

併合はありましたが 日韓は戦争をしたわけではない 日本側から何か言えることがあるのでしょうか



by toshi-ohyama | 2018-02-14 07:44 | 幕張図書館 | Comments(0)

牛丼 再挑戦

改めて 牛丼に挑戦してみました
醤油の量を半分ぐらいに減らしました

d0338347_07142785.jpg
色合いとしては 少し落とし過ぎた感がありますが 味は良くなりました 甘みを増やす為に味醂を増やしてみました
之も成功 此れなら定番になりそうです
矢張りお肉は 高い肉よりもバラ肉が良いようです




by toshi-ohyama | 2018-02-12 07:19 | 幕張食堂 | Comments(0)

乃木希典と日露戦争の真実

司馬遼太郎が 乃木希典を取り上げた作品として「殉死」「坂の上の雲」を挙げることが出来ます
「竜馬が行く」では 史実とは異なる龍馬像を作り上げ 司馬竜馬の方が龍馬らしいと評価を高めました

一方で 司馬さんは上掲の作品で 乃木希典については愚将として さらに乃木の副官であった伊地知幸介も無能とこき下ろしています

本書は 司馬さんの著作の中の史実と異なる点を列挙し徹底批判した書です

d0338347_16131463.jpg
坂の上の雲の中での 日本海海戦 丁字戦法に関する司馬さんの記述を 徹底的に批判した本も読んだことがありますが 本書の著者の司馬さんへの批判は徹底しており
正直なところ 読後感は最悪です

既にお二人とも故人となり 論争しようもありません
著者の桑原氏は 陸士52期 戦後は自衛隊に勤務 昭和47年陸将補(准将 退役将官) 中央乃木会事務局長 理事を歴任されています
乃木希典 伊地知幸介両氏の名誉回復を試みるとすれば もっとほかの方法があったのではと思いたくなります



by toshi-ohyama | 2018-02-10 06:22 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
闕所奉行裏帳合
at 2018-05-20 05:24
限りなくBlue
at 2018-05-18 06:31
一日たりとも
at 2018-05-16 07:01
上田秀人 104冊目
at 2018-05-14 06:52
喜寿の会
at 2018-05-12 05:37
酸辣湯麺
at 2018-05-10 18:40
昭和陸軍全史
at 2018-05-08 05:17
確かに味が際立つカレー
at 2018-05-06 07:45
残念過ぎる内容
at 2018-05-04 05:52
八十八夜 新茶
at 2018-05-02 07:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧