ラピスラズリブルー

<   2018年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

カレー激戦区荻窪のすぱいす

その昔 荻窪と云えばラーメン激戦区でしたが 今はカレー激戦区のようです

その中でも すぱいすは超繁盛店とか

d0338347_16331624.jpg
兎に角 食べてみなければわからん と 出掛けてみました

d0338347_16333259.jpg
お勧めは 骨付きチキンカレーとか

d0338347_16332208.jpg
チキンは思っていたよりは小ぶり もっとも お値段高めと聞いていた割に 950円でしたから文句は言えません

此れが 兎に角辛い 辛さは普通を選びましたが 普通の店なら辛めです 甘めがあるなら甘めにしたかったくらいです
汗びっしょりで 舌はしびれて 味を感じるところまでたどり着けませんでした





by toshi-ohyama | 2018-04-30 16:44 | 幕張食堂 | Comments(0)

松本清張 昭和発掘

司馬遼太郎に傾注すればするほど 松本清張から足が遠ざかっていきました
NHKの番組をきっかけに 2005年に新装版が発刊された文藝春秋の文庫版全9冊を一気に読了しました

d0338347_16364860.jpg
若い頃のような速読が出来ず 100頁程度読むと眼がかすみ 集中力が切れてしまう中で漸く読み終えました
全9冊中 後半5冊は2.26事件を取り上げています 前半も2.2.6事件の前哨戦のような事件を取り上げているので このシリーズは2.26を書くために
書き続けたのではとも思います
学生時代から2.26事件には興味があったので 史跡を辿ったり 出版された本も随分読んでいたつもりですが初めて知ることも多くありました
松本清張が集めた資料は膨大で 且つ彼はかなり深く資料を読み込んでいます
残念ながら 軍法会議主席法務官 匂坂春平中将の残した資料を清張が手に取ることは出来なかったようです




by toshi-ohyama | 2018-04-28 05:22 | 幕張図書館 | Comments(0)

東京で山形蕎麦を食す

若き日に 鶴岡の山形大学を求人訪問した折 食した山形蕎麦 太切りで挽きぐるみの色黒で蕎麦本来の風味を味わえる美味しい蕎麦でした その後山形を訪れたこともなく 東京では山形蕎麦の美味しい店は余りお目にかかりません

偶々恵比寿で見つけた蕎麦屋は 偶然にも本格的な山形蕎麦でした

d0338347_15283512.jpg
店名は 「板蕎麦 香り家」 割烹を買収して飲食店に参入した会社が営業しているようで 饂飩屋も評判が良いようです

d0338347_15283622.jpg

d0338347_15283775.jpg
細切りと 太切りが選べるので 当然 太切りを選びました
腰の強い 挽きぐるみ独特の黒め 田舎蕎麦 しっかりした噛み応え これぞ山形蕎麦です
板蕎麦は 器が大きいので 隙間だらけで少なめに見えますが 量はかなり多いです
汁は 東京人には今一つなのですが 蕎麦自体が強いので 大満足でした 

系列店に 近所にある「山長」という饂飩店があります
TVの番組で 元々大阪黒門市場にあう出汁問屋が経営しているのだとか
此方の関西出汁は定評があるとのこと とすると蕎麦屋の出汁が東京人にはいまひとつというのもうなずけます





by toshi-ohyama | 2018-04-26 06:40 | 幕張食堂 | Comments(0)

ゴジラのしっぽ

日比谷にあった三井銀行本店跡地に日比谷ミッドタウンが開業しました
d0338347_08270806.jpg
ミッドタウンは三井不動産の商業集積 ららぽーとから次々に進化していく感があります
日比谷ミッドタウンの隣のシャンテも 改装 広場の手形(東宝系の俳優たち)もミッドタウンの地下通路に移転 ゴジラはミッドタウンの中の東宝シネマズ内に移動
新しいゴジラが登場しました

d0338347_08272078.jpg
今までのゴジラとは尾っぽが異なります

d0338347_08270021.jpg
此方が シャンテにあった旧ゴジラ

東宝シネマズも日劇からミッドタウンに移転して来ました スクリーン数が大幅に増えました 最近のスクリーンは客席に傾斜がありとても見やすくなりました





by toshi-ohyama | 2018-04-24 06:33 | 日記 | Comments(0)

街のお勧め餃子坊

巣鴨地蔵の門前に 美味しい中国家庭料理の店があります

d0338347_09370466.jpg
巣鴨餃子坊の看板を掲げていますが 中国人家族経営の小さなお店 5卓14席 正式名称は 清緑園らしい

d0338347_09370314.jpg
何方かというとマイルドな優しい味です 一番のお勧めは 餃子

d0338347_09370290.jpg
単品は 5個で380円 可成り大柄 定食は8個で750円
d0338347_09370586.jpg
今回は 少し焼きが甘かったですが 皮は厚めカリカリ 具はたっぷりジューシーです
d0338347_09370441.jpg
中国人のお客さんが何時も来ているところから お国の方も美味しいと思われているのでしょう
巣鴨駅から地蔵通りを歩き 巣鴨地蔵の手前の辻を左折 直ぐ左側にあります







by toshi-ohyama | 2018-04-22 06:43 | 幕張食堂 | Comments(0)

序の舞 修復完了

東京芸術大学所蔵 上村松園の「序の舞」(重要文化財)が二年がかりの修復を終え 公開されました

d0338347_12043699.jpg
今回は 大下絵と並べての展示がされ 制作過程の試行錯誤が良く判ります 
奈良の松伯美術館には 下絵が沢山保存されていて完成絵と対比出来るのが嬉しいです

今回の修復は 剥離してきた絵の具の定着中心で 絵は50年で随分傷むものだと再認識させられました
何度見ても飽きぬ素晴らしい作品です 松園の作品は筆に迷いもなく 気品を感じます

d0338347_12043711.jpg

又 この美術展でもう一つの収穫は もう一枚の序の舞を鑑賞出来ました

d0338347_16254575.jpg
山川秀峰の作品です 少し動きがあり 右足で床を踏む直前の姿を映したようです
此れも 素晴らしい作品です
d0338347_16385669.jpg
何と切手にもなっているのですね 知りませんでした


 




by toshi-ohyama | 2018-04-20 06:35 | 幕張美術館 | Comments(0)

究極の親子丼

昭和40年代 赤坂に 日本一の親子丼を自称する はやし というお店がありました(今もあるようです)
使用している食材が夫々日本一なのだとか 900円くらいで当時としては高いランチだったと記憶します

此方は 究極の親子丼 場所は茅場町です 「鳥ふじ」

d0338347_11511565.jpg
d0338347_11513857.jpg
名古屋コーチンを使用していますが 卵は別の農場から仕入れますから正確には 親子ではない...?
肉食用の養鶏場は 鶏肉を育てるため卵はそれ程良いものではないのだそうです それで卵は別の養鶏所から仕入れるのだそうです
d0338347_11512122.jpg
御覧のものは 特上¥1,400 壱日限定10食
確かに美味しいです 隣の方は常連さんのようで 普通の親子丼 ¥950を召しあがっておられました 次回は並みを食べてみたいと思います
11:30開店ですが 平日でも10分ほどで満席になってしまいます  





by toshi-ohyama | 2018-04-18 06:50 | 幕張食堂 | Comments(0)

櫻の写真展

恒例の写真展のご紹介です

奈良の友人 堀内 保彦さんの個展 今年のテーマは「櫻」

d0338347_13520246.jpg
バイクを駆使して 近隣を走り回り 何時も里山の彩を鮮やかに切り取って居られます
彼の作品を10年来 毎年 春の連休 夏のお盆の時期に追いかけてきました

ご近所の方 ぜひ足をお運びください 入場無料です


by toshi-ohyama | 2018-04-16 06:17 | 幕張写真館 | Comments(0)

青おにぎり

京都白川沿いのカウンターだけの小さなお店「青おにぎり」
d0338347_17354282.jpg
目印は 店の向かい側 疎水沿いに建つ案山子です
d0338347_17354230.jpg
店の前には 大きな石のお握りの社 お握り大明神?

d0338347_17354247.jpg
d0338347_17354139.jpg
店内では お持ち帰りのお握りや 手拭なども売られています
d0338347_17354157.jpg
d0338347_08313014.jpg
人気の青おにぎりを持ち帰りました じゃこや豆などが握られており 中々美味しかったです
d0338347_08280575.jpg
d0338347_08281249.jpg
美味しさは 文句なし です

米は 羽釜で炊かれているのでしょうか 店内に古い羽釜が置かれていました
代金は カウンターに置かれた竹かごに自分で入れ お釣りを自分で取る 衛生問題を考えたオペレーションです
若いご主人が一人で頑張って居られます ちょっと不愛想にも思えましたが 常連の地元の方とは愉しそうに話されていたので少し人見知りされる方なのかもしれません

実は 私が携帯カメラをカウンターに置き忘れたのですが 忙しい中慌てて店の外まで走ってきて 届けてくれました

又 訪問したくなる店です 東山散歩の途中でお寄りください お勧めです 







by toshi-ohyama | 2018-04-14 06:37 | 幕張食堂 | Comments(0)

トアルコトラジャ 40周年

自宅で珈琲を淹れる愉しみを覚えて 用意したのがコーヒーミルです

d0338347_17560670.jpg
毎回 掃除が結構大変です 私のミルは 鋳物製です 粉の粗さを調節するのが此れ又面倒 中々思うような珈琲が出来ません

d0338347_17560623.jpg
豆は 100gずつ購入します 焙煎から1か月経ってしまうと香りが飛んでしまい 豆も膨らみません
豆が膨らむというのは お湯を落とした時に白い泡がブワーっと盛り上がってくることを云います 此れが旨味成分なのだとか
雑味を落とさず 旨味だけを抽出するには粉の中央だけに少しずつお湯を落とすこと お湯は出来るだけ細く少しずつ落とします

写真の豆は キーコーヒーがインドネシア スラウェシ(旧セレベス)島で栽培している トアルコトラジャ
「トアルコ」とは、トラジャ アラビカ コーヒー(TORAJA ARABICA COFFEE)の頭2文字ずつを取ったもの
戦前スラウェシ島にはオランダ王室御用達の高級アラビカ品種の珈琲がありました
一旦は絶滅したものを キーコーヒー副社長(当時)大木 久氏(故人)が復活させました 今年は販売開始から40年の記念すべき年
大木さんには 私も生前色々直接ご指導を戴きました 最初はそれ程乗り気ではなかったとお聞きしました
しかし 自分が亡くなったらスラウェシに骨を撒いて欲しいとまで謂わしめるほどのめり込んで居られました

詳しい話は 此方から





by toshi-ohyama | 2018-04-12 06:03 | 幕張喫茶店 | Comments(0)



蒼き空を目指して
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私の読んだ文庫本は201..
by toshi-ohyama at 09:38
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 16:19
何とこのヒールは 猫脚と..
by toshi-ohyama at 08:40
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 17:04
こんにちは。 私もモネ..
by desire_san at 09:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
区別が付きますか?
at 2018-07-17 06:13
藤沢周平(5)長門守の陰謀
at 2018-07-15 06:18
奇跡的なお値段 赤坂ふきぬき..
at 2018-07-13 06:13
藤沢周平の歴史小説 
at 2018-07-11 06:03
似ているようで
at 2018-07-09 08:30
近代日本人の精神史
at 2018-07-07 05:37
塩2題
at 2018-07-05 06:30
鬼はもとより
at 2018-07-03 05:28
同じ商品なのに
at 2018-07-01 06:26
西郷どん
at 2018-06-29 06:13
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧