人気ブログランキング |

ラピスラズリブルー

<   2020年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

千鳥舞う

近江八景とか金沢八景とか 探せば幾つかあるのでしょう
博多八景は鎌倉末期に 聖福寺(しょうふくじ)の禅僧鉄庵道生(てつあんどうしょう)が博多の8つの風景を七言絶句(しちごんぜっく)の漢詩に詠んだのが始まりだそうで 日本で最初の八景だそうです

葉室麟は 成らぬ恋物語をオムニバス風に書き上げています

千鳥舞う_d0338347_18403294.jpg
博多八景は 何れも博多の港付近に設定されているようです

地元への造詣の深さ 中々の傑作です


by toshi-ohyama | 2020-02-28 05:41 | 幕張図書館 | Comments(0)

椿咲く

五年ほど前に 茶毒蛾が異常繁殖して殆ど枯れかかった椿が 今年は見事に咲きそうです

椿咲く_d0338347_09554759.jpg

以前書きました通り 両親が新婚旅行の熱海で拾ってきた種から育ち 野沢 綱島を経て幕張の我が家に伝わります
謂わば大山家の象徴ともいうべき椿です
接ぎ木したわけではないのですが 枝によって絞りの花も開きます
今年は 物凄い数の蕾が出来ています 間もなく最盛期を迎えます
椿咲く_d0338347_09560484.jpg
椿咲く_d0338347_09562199.jpg
椿咲く_d0338347_09561209.jpg
椿咲く_d0338347_09564251.jpg
椿咲く_d0338347_09563172.jpg




by toshi-ohyama | 2020-02-26 06:59 | 幕張生花店 | Comments(0)

乾山晩秋

葉室麟初期の短編集 乾山晩秋

乾山晩秋_d0338347_20424574.jpg
表題ともなっている 乾山晩秋は 尾形乾山 光琳の弟を取り上げています 他の作品は 狩野派や等伯など絵師を主題にしています
永徳 探幽等の名前や作品は 多少見ていますが 狩野家の系譜は中々頭に入りません
狩野雪信が女性であることは初めて知りました
絵師の修羅を描きたかったようです

 


by toshi-ohyama | 2020-02-24 07:28 | 幕張図書館 | Comments(0)

人形町 志乃多寿司総本店

此処の処 志乃多寿司を追い掛けています

人形町 志乃多寿司総本店_d0338347_05420589.jpg
総本店と名乗っていますから 此方がご本家なのでしょうか
場所は 人形町甘酒横丁 明治阿へ向かう参道(?)沿いにあります 客席はありません 
人形町 志乃多寿司総本店_d0338347_05421753.jpg
神田は 神田志乃多寿司です
人形町 志乃多寿司総本店_d0338347_05422598.jpg
味は 此方が一番控えめ 大阪出身の故か?
お値段も微妙に異なります
此方は 持ち帰りのみ 明治10年創業の大阪寿司と謳っていますから 明治座鑑賞客を狙っての出店だったのでしょうか

ホームページには 当代女将 吉益知世とありました 

 






by toshi-ohyama | 2020-02-22 05:53 | 幕張食堂 | Comments(0)

無双の花 立花宗茂

葉室麟の2012年の作品 葉室さんは 2017年に逝去されますから 丁度中期の作品となります

無双の花 立花宗茂_d0338347_19142776.jpg
柳川藩立花宗茂の一代記 関ケ原の戦いに西軍に身を置き 改易された大名で唯一旧領に復帰を果たします
浪人した宗茂が 何故で浪人生活を送るのか謎は深まりました
この小説の中では 大阪夏の陣で真田信繁が家康本陣に突撃した際に最後の砦となって真田軍を跳ね返したとなっています
どうもこの辺は 葉室の創作かもしれません 

童門冬二の立花宗茂も読みましたが 葉室さんは比較的平常心で静かに物語を展開しています

現在柳川藩立花家は第17代立花宗鑑氏が当主となっていますが 此の方は三井物産から日本ユニシス常務取締役として勤務され ごく近くで一緒に仕事をさせていただきました
物産時代のニックネームは「殿」だったそうです ゴルフはシングルプレイヤー 英語も鞭撻 よく深夜まで勤務されて居られたタフガイでした


by toshi-ohyama | 2020-02-20 06:50 | Comments(0)

線香

仏壇の掃除をしていたら 珍しいものが出て来ました
線香_d0338347_07132321.jpg
八葉香 日光山輪王寺とあります


線香_d0338347_19445415.jpg
灰が残り 文字が浮かびます

私が買った覚えもなく もし父が買ったものであるとすると 半世紀以上前の線香です
父母の供養にと 点火してみました
南無

by toshi-ohyama | 2020-02-18 07:15 | 徒然 | Comments(0)

関裕二の推論には賛同できる

関裕二氏の著作は 


関裕二の推論には賛同できる_d0338347_20240993.jpg

同じ斉明天王の息子であるが 天智の父は舒明天皇 天武の父は蘇我系の高向王(たかむくのおおきみ)
蘇我氏は全方位外交(むしろ新羅寄り) 天智は百済寄り 藤原鎌足は 百済王 豊璋(ほうしょう)と同一人物 鎌足の出生から大化の改新直前までの足跡が不明
白村江の戦いの直前 豊璋は百済に送り返されるが 彼が日本に不在の時期 藤原鎌足の消息も完全に消えてしまう

百済を助けるために中大兄皇子は蘇我氏を倒し 百済救済に動く
天武は壬申の乱に勝利して 新羅との国交を復活させるが 天武が崩御すると 跡を継いだ持統帝は新羅を無視し百済の遺臣たちを重用し藤原鎌足の息子不比等との関係が強くなる 更には皇統は天武系から一転 光仁帝から天智系に移り現在まで続く
一貫した関氏の推論は 説得力があります 歴史家としての教育は全く受けず 独学で此処まで来られたことに称賛を贈ります


by toshi-ohyama | 2020-02-16 06:35 | 幕張図書館 | Comments(0)

志乃多寿司 神田

志乃多寿司は 神田 人形町 浅草 四谷 新橋と 系列の違う店が沢山あります
多分 暖簾分け等で増えたのだと思います
最近 新橋の店が閉店したそうですが 新宿に新橋志乃多寿司があるようです ややこしいですが...

百貨店の中にも多くの販売店がありますが イートインが出来るのは 新宿と神田だけです

志乃多寿司 神田_d0338347_10294748.jpg
此方は 神田店
ドアを潜ると 販売カウンターがあり 如何にも職人風の視線の鋭い親方が二人お客の品定めをしています
食堂は地下です

志乃多寿司 神田_d0338347_10284124.jpg
ひとつづつ食べられるセットを頼みました 地下のカウンターでは 大阪寿司も単品で頼めるようです

志乃多寿司 神田_d0338347_10284522.jpg
茶巾の玉子が見事な焼き上がりでした
看板の稲荷は 何方かと云うと大人しい甘さ控えめな印象でした
いなりは流石の味 コメは柔らかく籠められています 文句なしの味
干瓢も上出来 大満足でした 

入店した時は 睨みつけられましたが 食後帰るときは満面の笑顔で見送られました...









by toshi-ohyama | 2020-02-14 04:35 | 幕張食堂 | Comments(0)

火怨 陸奥四部作其の二

高橋克彦の陸奥四部作 二作目は 火怨(かえん) 本来「かえん」であれば「火焔」 蝦夷の怨念という意味を込めての付題と思います

火怨 陸奥四部作其の二_d0338347_16302777.jpg
京都清水寺の境内に アテルイの碑があります 建立されて 未だ間もない碑ですが
清水寺建立者 坂上田村麻呂にちなんで建てられたようです

前作で 伊治呰麻呂が 陸奥按察使兼鎮守副将軍 紀広純を殺害(宝亀の乱)した後の蝦夷と朝廷との抗争を 蝦夷側から綴っています
宝亀の乱から22年間 蝦夷は一度も朝廷側に仕掛けることもなく 一度も負けることなく
抗争を続けます 此れが史実であれば 聖武天皇の御代に蝦夷地で黄金が発見され 朝廷は蝦夷から収奪を繰り返します まるでアメリカ西部開拓史のような様相です

前作には 地図等の説明図が附いていましたが この作品にはありません
風の陣もしくは 炎立つの附図を参考に読まれると理解が進みます

 





宝亀の乱から




by toshi-ohyama | 2020-02-12 06:40 | 幕張図書館 | Comments(0)

お勧めの店 珈琲

白金台のコーヒー専門店 Cafe Kuromimi Lapin
お勧めの店 珈琲_d0338347_07580763.jpg
白金台に余り用事はなく 未だ2~3度しか訪ねたことはありませんが 珈琲の美味しさは際立っています

お勧めの店 珈琲_d0338347_07580796.jpg
器は ロイヤルコペンハーゲン
お勧めの店 珈琲_d0338347_08180437.jpg
客層の質が高い白金ならではのお店と思います
珈琲好きな方なら 是非一度お訪ねください







by toshi-ohyama | 2020-02-10 06:37 | 幕張喫茶店 | Comments(0)



蒼き空を目指して
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
かな入力は フリック入力..
by toshi-ohyama at 15:54
スマホデビューですね。す..
by 杉下 at 09:56
> 杉下さん 酸味と柑..
by toshi-ohyama at 05:53
ゲイシャ、良いですね。一..
by 杉下 at 09:26
期待以上の乗り心地です ..
by toshi-ohyama at 13:51
電気ブランはアルコール度..
by toshi-ohyama at 13:49
HONDA Insigh..
by 杉下です。 at 10:02
いのうえさんは楽しく、そ..
by 杉下です。 at 20:14
杉下殿 おめでとうござい..
by toshi-ohyama at 13:35
お体、大丈夫ですか。まだ..
by 杉下です。 at 16:39
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
駅蕎麦の楽しみ方
at 2020-04-06 06:38
木戸幸一
at 2020-04-04 06:44
名刺作成
at 2020-04-02 06:45
おもかげ橋
at 2020-03-30 07:16
駅蕎麦ロボット第一号
at 2020-03-28 06:56
維新始末
at 2020-03-26 06:26
団子論議
at 2020-03-24 05:33
蛍草 
at 2020-03-22 06:48
29年目の命日
at 2020-03-20 06:34
春が来る
at 2020-03-18 06:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧