人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

脳力のレッスンⅡ

二巻目を読了しました
脳力のレッスンⅡ_d0338347_20030335.jpg


2006年8月から2007年2月執筆分です

50年近く続けている習慣の一つに「半年遅れで読む文藝春秋」があります 意識的に半年遅れて読むことにより 評論家たちの話が的を得ていたのかどうかを 確認しながら読むことがあります
評論家の中には 迎合していい加減な評論に終始する方もあれば 的確に情勢を分析している方もおられます
毀誉褒貶の激しい政治家などは 此の読み方で馬脚を現しているさまが如実に判断できます

寺島実郎氏の 状況分析は誠に的確であり 自分の意見を撤回するようなことは 有りません
日本中が湧きたった小泉劇場も 彼は冷静に論破しています
戦後のタブーであった海外派兵 アジア諸国に波風を立てた靖国参拝 安易に外国資本に日本金融市場を譲渡してしまった郵政民営化の愚挙等々 

寺島実郎氏には 批判も多く聞かれますが 冷静にこの本を読んでみると 彼の「視座」が とてもよく理解出来ます


 

# by toshi-ohyama | 2021-12-08 06:32 | 幕張図書館 | Comments(0)

真打登場 松屋の牛丼

有りそうで 無かったのが 自宅用松屋の牛丼
真打登場 松屋の牛丼_d0338347_16531445.jpg
吉野屋 すき家 が 既に 家庭用の冷凍牛丼を出しているのに 松屋だけが製品化していませんでした
満を持して出してきたのがこれ 具は70gと小さめです

真打登場 松屋の牛丼_d0338347_16532096.jpg

ご覧の通り 具は少なめですが 老人家庭には此れの方が食べ易い 
松屋はご承知の通り 店舗では味噌汁が付いてくるのですが この商品には無し
松屋らしさを出して欲しかった...






# by toshi-ohyama | 2021-12-06 06:01 | 幕張食堂 | Comments(0)

黒牢城

オール読物で推奨されていた一冊です
黒牢城_d0338347_07194314.jpg


第12回山田風太郎賞を受賞した作品 
荒木村重の謀反を主人公に据え 有岡城に幽閉された黒田官兵衛が絡む意欲的な作品
「黒牢城」という表題は 村重説得に訪れた官兵衛が地下牢に繋がれた処から名付けられたのであろう 
ミステリー小説の形をとり 籠城中に起きる事件に悩む村重が解決の糸口を示唆するという流れです 史実を良く調べフィクションを加味した取り組みに拍手ですが 表題は少し違和感を感じます
ミステリーの展開は聊か無理筋を感じないでもない
村重の謀反は 敵対する本願寺砦に兵糧米を売り付けていたことが発覚し信長に咎められる前に立ち上がったと云われていたかと思います
この物語に 信長は直接は登場しません
官兵衛を助けるべく栗山善助が有岡城に忍び込んだという話を読んだことがあります この辺の記述にもう少し工夫がほしく感じるのは欲張りでしょうか
村重の有岡城脱出は史実でしょうが 其れに至る過程を 面白く組み上げている処に拍手です



# by toshi-ohyama | 2021-12-04 04:52 | 幕張図書館 | Comments(0)

知らせ

昨晩 地震があったような気がします
今朝 起きると 友人の母親が逝去されたとのmailが届いていました 大正14年生まれの96歳
6年前に友人が病院で逝去された時に ほぼ同じ時刻に彼宛にmailを送っています 
虫の知らせだったのかと思っていますが 今回も不思議な気持ちです

友人の御母上は 御主人を数年前に送り 一人暮らしでしたが 最近体調がすぐれず 介護施設への入居を打合せしている処でした
96歳は大往生とも云えますが 人生100年時代 今少し余生を愉しんで欲しかったと思います

私の母は99歳で亡くなりました 最後の5年程を介護施設で終えました 一度も家に戻りたいとは云いませんでしたが
自宅で人生を終えたかったことと思います 
ぽつりと「家の庭はどうなっているかねぇ」と呟くことが何度かあり 自宅で介護出来ないことを申し訳なく思いました

別れは何時も哀しいものです 次は自分の番であろうかと思うことが多くなってきました
心からご冥福を祈ります





# by toshi-ohyama | 2021-12-02 07:04 | 徒然 | Comments(0)

自宅でカレーうどん 

最近 自宅での昼食で カレーうどんに凝っています
自宅でカレーうどん _d0338347_08112617.jpg

カレーうどんと云えば 巣鴨の古奈屋が創り出した一大ブームを想い出します とげぬき地蔵の隣にある ごく普通の蕎麦屋を継いだ若旦那が 若者向けに考えたカレーうどんが受けて 新宿小田急や新橋汐留で大行列を生み出した伝説的大ヒット商品
昔から カレー南蛮といった定番商品が蕎麦屋には必ずありました 蕎麦出汁で味を出しているので辛すぎず アツアツの美味しさを愉しめます
自宅でカレーライスの残りを掛けたのでは味わえぬカレーうどんを探していたのですが 先ずは右側のイオンのレトルト商品を発見
寿がきやの茹で饂飩辺りと相性が宜しい

続いて見つけたのが フジッコのレトルト 此方はイトーヨーカ堂で見つけました
フジッコは豆総菜で有名ですが この商品は蕎麦出汁風で中々の逸品です

日頃 自宅から近いイオン幕張新都心で日常総菜は揃えるのですが 品揃えはヨーカ堂の方に軍配を上げたい
消費者目線で商品を集めているなと感じます
イオン幕張新都心は イオン本社が直ぐ近くにあり 出店先へのショールーム的な意味合いもあるのでしょうが 広過ぎる割に 品揃えには多少不満も残ります
カレーうどん戦争でも 軍配はヨーカ堂に挙げたい と考えます
 






# by toshi-ohyama | 2021-11-30 06:03 | 幕張食堂 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
足代弘訓
by 近衛秀麿 at 12:11
随分安くなって 今は2千..
by toshi-ohyama at 10:28
お疲れ様です。 CUT..
by 杉下 at 10:41
> 杉下さん 竹葉..
by toshi-ohyama at 06:54
お疲れ様です。 丸の内..
by 杉下 at 10:14
かな入力は フリック入力..
by toshi-ohyama at 15:54
スマホデビューですね。す..
by 杉下 at 09:56
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
コロナを乗り越えて
at 2021-12-18 20:07
文藝春秋 創刊100周年
at 2021-12-16 07:17
ひとりじめ
at 2021-12-14 05:45
近代日本の官僚
at 2021-12-12 07:25
ヘテ 梨ジュース
at 2021-12-10 06:06
脳力のレッスンⅡ
at 2021-12-08 06:32
真打登場 松屋の牛丼
at 2021-12-06 06:01
黒牢城
at 2021-12-04 04:52
知らせ
at 2021-12-02 07:04
自宅でカレーうどん 
at 2021-11-30 06:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧