ラピスラズリブルー

海鳴り(上)(下)

葉室麟にのめり込んでいて 久し振りの藤沢作品

d0338347_16521736.jpg
中堅新興紙問屋 小野屋新兵衛の物語
紙問屋の商売の厳しさ 紙漉き工程の詳細な説明 ビジネスに明け暮れていた企業戦士には ぞくぞくする様な話の展開に引き込まれます
仕事に追われる中 過程を振り返る暇などなく 夫婦仲や子供の非行に振り回され 家庭を顧みない貴方のせいだと罵られる主人公 新兵衛は自分の現役時代をそのまま映し出されたような胸の痛みを感じます
小説は どうしても主テーマの他にもう一つの展開を組み込み交互にそれが絡み合い縺れる絡み合いが織り込まれます
この小説のもう一つのテーマは 商売仲間の人妻との不倫 心の葛藤の描写は 藤沢周平自身の体験無くして このように心の奥底を描けるものなのかと思わせるほど真に迫ります
藤沢作品にありがちな 暗い基調とハッピーエンドに終わらない結末を心に描いて読み耽りましたが...ご自身でお確かめください






# by toshi-ohyama | 2019-01-06 13:36 | 幕張図書館 | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます

皆さんは良い年をお迎えでしょうか
当方 年末から風邪をひき完全ダウン 3日に漸く床上げと云う悲惨な年末年始でありました
50年以上続けている赤坂日枝神社の新年初詣もやむなく延期 毎年楽しみな箱根駅伝もTVを見る気力も起こらず...

d0338347_06465656.jpg
恒例のお節は 風邪をひく前に仕込んでおいたので何とか揃えました

今年の初物は 手前緑色のもの
d0338347_06553550.jpg
糖蜜で甘く煮込んであります

d0338347_06553403.jpg
桃です 若桃糖漬け 初めて知りました
お節にはない彩りで 鮮やかになりました




# by toshi-ohyama | 2019-01-04 06:57 | 徒然 | Comments(2)

闇の梯子

藤沢時代小説 秀作短編集とはち巻きに書かれています
d0338347_14130615.jpg
短編とは言いますが 収められた5編とも可成り読みごたえのある作品ばかりです
余韻を残す藤沢ワールドが鮮やかに広がります この続きはどうなるのだろうと読者を惑わす藤沢さんの筆は実にお見事 何時ものご本人によるあとがきもなく
解説文もありません 昭和48~9年の初期作品とのことです


# by toshi-ohyama | 2019-01-02 07:07 | 幕張図書館 | Comments(0)

阪神大震災の教訓

昭和62年に建てた幕張の自宅ですが 流石に彼方此方傷みはじめ トイレの便器と下水管の入れ替えをしました 総額百万円也

d0338347_07180002.jpg
d0338347_07180131.jpg
雑草生え放題だった北側の裏庭を 工事を担当してくれた方の提案で 防犯砂利なるものを敷きました
踏むと シャリシャリ音がして侵入者が諦めることを狙った仕掛けです

阪神大震災の教訓は 此方

d0338347_07180168.jpg
日本の蛇口は コックを下げると水が出て 上げると止まる
米国は 逆で 上げると流れ 下げると止まります 初めてハワイに行ったとき ホテルで水が出ずにフロントに聞いたら 日本と逆と教えてくれました

阪神大震災では 水場に上から物が落ち 水道のコックにあたり水が出っぱなしになる事故が相次いだそうです
この対策として 米国規格に合わせ コックを上げると水が出るように一斉に替えたのだそうです
今回の下水道工事に際に 交換した蛇口は この新方式
自宅の水場で 此処だけが逆なので どうも戸惑うことも多く 少し苦労しています





# by toshi-ohyama | 2018-12-30 07:04 | 徒然 | Comments(0)

日日是好日

樹木希林さんの生前最後の出演映画(実際には最後から二番目)が公開されると聞き 其の原作を手に取りました

d0338347_20185501.jpg
解説に 柳家小三治師匠が「この本は茶道入門コーナーに置く本ではない」と書かれていましたが 正に正鵠を得ています
表千家の武田先生(仮名)の下に通う森下典子さんの書かれたご本人の茶道修業の日々のエッセイです
森下さんは週刊朝日の「デキゴトロジー」取材記者だったそうで 茶道を続けていくうちにやめたくなる正直な気持ちも素直に綴って居られます
何事も 修練を続けていくと成長は直線的ではなく 何も変わらない日々が続き ある日突然 悟りを開くようにパッと視界が開けることがある
心を此処に置いて所作に集中しなさいとの武田先生の叱責を受け続ける 形は教えてくれるが心は教えてくれない そして「気付き」の大切さを語ってくれます

昔 つばめグリルの石倉社長に米国で教えて頂いた「気付き」も 同じことでした
他人に教えて貰ったことは身につかない 繰り返し繰り返し 自分で体験して身に付けたものだけが本物であり 自己成長につながる 
ものごとを教えることは出来ても 成長させることは出来ない 人は自分で苦闘して成長していく

武田先生にお会いしたい と小三治師匠は書かれていますが 私も全く同感です
映画が 愉しみです

表紙の茶碗は 萩茶碗十四代坂倉新兵衛作 即中斎 銘「好日」 
表千家のお茶は 泡だらけにせず 三日月状の表面を残すのだそうです


# by toshi-ohyama | 2018-12-28 06:49 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
HONDA Insigh..
by 杉下です。 at 10:02
いのうえさんは楽しく、そ..
by 杉下です。 at 20:14
杉下殿 おめでとうござい..
by toshi-ohyama at 13:35
お体、大丈夫ですか。まだ..
by 杉下です。 at 16:39
杉下さん  懐かしい話..
by toshi-ohyama at 11:59
こんにちは。 20代の..
by 杉下 at 12:45
愉しみですね 是非拝見し..
by toshi-ohyama at 06:34
御茶ノ水のmizunoは..
by toshi-ohyama at 06:33
遠方の所から、通われまし..
by 中田定観 at 13:36
スポーツでも靴は一番重要..
by 杉下 at 10:37
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
New Insight
at 2019-01-16 06:51
半席
at 2019-01-14 06:59
自動車趣味人12 
at 2019-01-12 06:57
陸奥宗光は
at 2019-01-10 06:24
初詣
at 2019-01-08 06:57
海鳴り(上)(下)
at 2019-01-06 13:36
謹賀新年
at 2019-01-04 06:57
闇の梯子
at 2019-01-02 07:07
阪神大震災の教訓
at 2018-12-30 07:04
日日是好日
at 2018-12-28 06:49
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧