人気ブログランキング |

ラピスラズリブルー

それからの海舟

「天を測る」という小説を読みました 読後の苦みが残り 数冊の本を「箸休め」...というより口直しのために読みました
一つは「咸臨丸航海長小野友五郎の生涯」中公新書 幕末の幕府官僚の有能さを味わいました 
そして 二冊目は「それからの海舟」半藤一利著
それからの海舟_d0338347_12071223.jpg
半藤氏は 向島に生まれた ご存じの江戸っ子 長岡中学に学んだこともあり 薩長軍を官軍とは呼ばず 西軍と呼ぶちゃきちゃきの江戸っ子気質丸出しで 勝海舟の後半生を描いています
題名の「それからの」のそれは 西郷・勝会談による江戸城無血開城のこと
あとがきに 阿川弘之が「野球に喩えれば 相手は熱狂的な巨人ファンで 阪神の良さなんぞ 初めから一切認める気はないんですから」と書き 半藤氏の勝贔屓を表しています
勝海舟の評伝は数多く出ているようですが 人の手柄を皆自分の手柄にしてしまう大法螺吹きと評する方が多い中 半藤氏は洒脱な語り口で徹底して海舟を気持ちよく 持ち上げています
福沢諭吉の「やせ我慢の記」は 海舟に対する果たし状の様相を呈していると解説されていますが 海舟は見事な肩透かしを福沢諭吉に浴びせています
半藤氏の文章は ある意味「軽い」 江戸っ子の洒落を利かせた平易で軽快な語り口ですが 一貫して海舟を「勝っつあん」と呼び続けます

それからの海舟の事績を二つあげておくとすると 西郷隆盛 徳川慶喜 両名の名誉回復に尽力したことだと思います
海舟は 幕末 西欧諸国の日本植民地化のの荒波が近付く中で 幕府の国家統治能力に見切りをつけ 徳川家の存続と 徳川慶喜の復権を目指したように思います
戦略家としての海舟の視点を 私は高く評価したいと考えます

此の本を 買いに行って 「一外交官の見た明治維新」アーネスト・サトウ著が 再版されているのを見つけました 
以前から読みたかった本で 文庫本650頁を超える大作ですが 愉しく挑戦出来そうです
 




# by toshi-ohyama | 2021-04-28 06:22 | 幕張図書館 | Comments(0)

論語と算盤

大河ドラマで取り上げられ 新一万円札の肖像に選ばれたこともあり 渋沢栄一の大ブームが起きています
論語と算盤_d0338347_12291480.jpg
NHKの100分で名著シリーズは テキストも平明で充実しており 既に何冊か蔵書に加えています
この番組とテキストは 少し内容に相違があり 番組では語りきれなかったことがテキストに掲載されるので 事前に一度テキストに目を通してから番組を拝聴するようにしています

儒教については少し書籍をかじりましたが 未だ理解からは遠い状態です
論語に対しては 専制国家における統治手段として統治差に都合良く捻じ曲げられている印象が強く 下剋上を否定する保守的な姿勢には大きな抵抗感もあります
番組を拝聴して 渋沢は 論語の大胆な解釈を通じて 商業道徳の世界に論語を活用しようとしたことを知りました
渋沢は 商業経済発展のために論語を大胆に解釈しようとしているようです
又 論語と商業経済の間に生じる矛盾を敢えて 国家経済成長のエネルギーとしようと試みたようにも感じます
読者が自分の都合よく解釈することを勧めているようで 不思議な印象も残りました



# by toshi-ohyama | 2021-04-26 06:23 | 幕張図書館 | Comments(0)

小野友五郎の生涯

幕末の幕府官僚には 数多くの優れた人物が居ました
その中の一人 小野友五郎を知りました
小野友五郎の生涯_d0338347_12455336.jpg
実はこの新書は昭和61年の刊行で 既に絶版となっており 定価520円が ネットでは何と20万円の値段もついています
私は2,850円で入手しましたが それだけの価値のある内容ではありました
敢えて 小野友五郎の業績についてはコメントを控えます 
鉢巻にも咸臨丸航海長とありますが 彼の小笠原諸島測量のおかげで 既に外国人居留者が居たにもかかわらず 小笠原は日本領土となりました

此の本に触れたのは 
小野友五郎の生涯_d0338347_12454294.jpg
今野敏氏の小説「天を測る」を紹介され 読了したことによります
今野氏は あとがきの中で この小説は 前記の新書を参考としたとありますが 実は新書の情報を超えるものは少なく感じました
天を測る は あくまで小説ですから 目くじらを立てることもないのですが 主人公小野友五郎の引き立て役として 勝海舟 福沢諭吉をヒール役に仕立てています
咸臨丸の航海中 船室を一歩も出てこれなかった 余りの船酔いに途中から自分だけでも日本へ帰ると駄々をこねる海舟のエピソードは 事実ではあったと思いますが
彼の筆致には 勝への悪意さえ感じます 福沢への対し方も同じ 極めて後味の悪い読後となりました
 

 



# by toshi-ohyama | 2021-04-24 05:11 | 幕張図書館 | Comments(0)

柏鵬時代

未だ自宅にTVがなかった頃 吉葉山という横綱が活躍していました 不知火型の土俵入りが美しかった記憶があります
栃若時代の二人の相撲は小兵同士の技の掛け合いが見事でした 玉乃島の休止がなければ 北玉時代(北の富士 玉乃島)も面白かったはず 輪湖時代は北の湖がヒール役 輪島は金の廻しと黄金の左下手ですがあまり好きにはなれなかった
千代の富士は孤高の王者 初代貴乃花は義経的悲壮感 若貴時代は二人の力量に差があり過ぎました
三重ノ海 隆の里 旭富士も悪くはないが 特筆するライバルがいない

やはり 最高の組み合わせは
柏鵬時代_d0338347_16333603.jpg
柔の大鵬 剛の柏戸
巨人 大鵬 玉子焼きと云われましたが 柏戸あっての大鵬でもありました

 



# by toshi-ohyama | 2021-04-22 06:15 | 徒然 | Comments(0)

歴史探偵 忘れ残りの記

令和三年一月十二日 半藤一利氏は逝去されました 91歳

歴史探偵 忘れ残りの記_d0338347_07092204.jpg
ご自身で題名を考えたこの新書のあとがきが絶筆となったようです
文芸春秋社営業部が毎月発刊する「新刊のおしらせ」巻頭に掲載された随筆を中心に 纏められています
第二弾 第三弾も 企画には上がっているようですから ひょっとすると(この本の売れ行き次第で)もう少し彼の文章を読むことが出来るかもしれません

あとがきの中で 井上ひさしさんの 文章を書く上で一番大切にしていることと名付けた「心得之条」を掲載しています

  むずかしいことをやさしく
  やさしいことをふかく
  ふかいことをゆかいに
  ゆかいなことをまじめに
          書くこと

振り返れば 半藤さんこそ 難しいことを易しく解き明かしてくれた人のように思います
時には軽すぎると感じる程 洒脱な彼の言葉は 読者を難しい問題に導いてくれたように思います

改めて 彼の著作を幾つか書棚から引き出して 味わっています




# by toshi-ohyama | 2021-04-20 06:47 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
随分安くなって 今は2千..
by toshi-ohyama at 10:28
お疲れ様です。 CUT..
by 杉下 at 10:41
> 杉下さん 竹葉..
by toshi-ohyama at 06:54
お疲れ様です。 丸の内..
by 杉下 at 10:14
かな入力は フリック入力..
by toshi-ohyama at 15:54
スマホデビューですね。す..
by 杉下 at 09:56
> 杉下さん 酸味と柑..
by toshi-ohyama at 05:53
ゲイシャ、良いですね。一..
by 杉下 at 09:26
期待以上の乗り心地です ..
by toshi-ohyama at 13:51
電気ブランはアルコール度..
by toshi-ohyama at 13:49
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
珈琲の器
at 2021-05-08 05:39
一外交官の見た明治維新
at 2021-05-06 05:56
四神の旗
at 2021-05-04 05:51
八十八夜
at 2021-05-02 05:50
比ぶ者なき
at 2021-04-30 06:10
それからの海舟
at 2021-04-28 06:22
論語と算盤
at 2021-04-26 06:23
小野友五郎の生涯
at 2021-04-24 05:11
柏鵬時代
at 2021-04-22 06:15
歴史探偵 忘れ残りの記
at 2021-04-20 06:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧