人気ブログランキング |

ラピスラズリブルー

刀夷入寇

腰巻には歴史エンターテイメントと書かれていますが その様な分野があるのかどうか
藤原家の権力抗争 花山院との壮絶な争い 女真族の日本襲来 と 藤原中納言隆家の活躍話と云えば確かにその通り
d0338347_14042369.jpg
清少納言 紫式部 安部晴明とオールスターキャストで話を盛り上げます
女真族が日本に襲来した話は知りませんでしたが史実にあるようです
戦闘場面などダイナミックな躍動感はありますが 話の展開は今一つの感が否めません
縄田一男が 解説で 葉室麟の短期間に余りに膨大な作品の発表が続いたことに驚き デビュー前に書き溜めていたのかと書いていますが 真相はつかめません



# by toshi-ohyama | 2019-07-14 04:55 | 幕張図書館 | Comments(0)

Denny's Diner

ファミリーレストランのデニーズが 新しい業態の店を開店しました

Denny's Diner 八雲店 早速行ってみました
Yakumo Prestige と 名付けた店は 中学校時代の私の通学経路 目黒通り中根交差点角にあります
1Fが駐車場 2F 90席

ランチは メインと サラダ+デリ の2プレートメニューでした

d0338347_07593794.jpg
d0338347_07593757.jpg
入り口で 初めてのお客様にシステムの説明をしてくれます
ガラス張り厨房の中に10種程度のデリが並び この中から2種を選ぶことになります
デリは 毎週火曜日に入れ替えがあるそうです
お冷と おしぼりは セルフサービス
ファミリーレストランの将来像を提案しているそうで 価格も料理も 従来のファミレスより1ランク上を目指しているような印象です

結構丁寧なサービス対応を目指しているように思えますが 従業員もまだ戸惑いを持ちながら試行錯誤を続けている印象を持ちました
デリも 結構上質で愉しく美味しいのですが どの位の量が出てくるのかわからず 此方にも戸惑いがありました
多分 色々ブラッシュアップを続けるのだと思います 新しい時代の到来を感じさせるお店でした



# by toshi-ohyama | 2019-07-12 06:23 | 幕張食堂 | Comments(0)

恋しぐれ

葉室麟の歴史小説 与謝蕪村を巡る短編集です
d0338347_15301063.jpg
毎日新聞編集委員 内藤麻里子氏は 解説で 歴史小説であり恋愛小説である と書かれて居られますが 丸山応挙 長澤芦雪 蕪村の弟子 家族 様々な蕪村の周囲にいた人々と 蕪村の句 応挙の絵を登場させて行きます
NETで確かめながら読み進めましたが 世の中便利になったものです
葉室麟還暦の頃の作品とありますが 俳句に疎い私には 中々機微が理解出来ず 苦心惨憺のひと時でした 


# by toshi-ohyama | 2019-07-10 05:34 | 幕張図書館 | Comments(0)

出開帳

東京国立博物館本館で 奈良大和四寺の至宝が公開されています

d0338347_06275074.jpg
岡寺 室生寺 長谷寺 安倍文珠院 四寺は 日頃から交流があるようで 以前この四寺の声明の会が 日本橋三越で有料公演されたことがあり聴いたことがあります
今回の出物は 室生寺の国宝十一面観音立像と釈迦如来坐像 いずれも国宝です
手が届くほどの近さで 日頃拝見出来ない後ろ姿まで堪能出来ました
特に釈迦如来坐像 土門拳の作品でこの如来様の横顔を捉えた傑作がありますが このアングルを堪能しました
足一つ動くだけで表情が変わり 土門拳の捉えたアングル・ライティングの素晴らしさがとてもよくわかりました
多分シャッター解放時間は一時間くらいの長時間にして 極限まで絞り込んでいるのだろうと思いますが 線のシャープさは声も出ない美しさです
左側の顔は堪能できたのですが 右側はデッサンをしている方が居られて 味わうことが出来ませんでした 残念でしたが退いてくれとは云えません...
 
江戸時代に 深川回向院辺りで地方の仏様の出開帳が良く行われたと聞きます 
この展覧会も基本 お賽銭稼ぎでしょうが 現地の静寂の中で拝観する方が素晴らしいことは間違いありません
もっとも 彼方から来て下さるのは それはそれで有り難いことです



# by toshi-ohyama | 2019-07-08 06:55 | 幕張美術館 | Comments(0)

川あかり

腰巻には 直木賞作家の痛快エンターテイメントとあります
「川あかり」
d0338347_17421027.jpg
此れまでに読破した葉室麟の作風とは 全く異なる作品です
評価はお読みになる方に委ねます
15年程で駆け抜けていった葉室麟の作家として5年目頃の脂の乗り始めたころの作品ですが...


# by toshi-ohyama | 2019-07-06 05:34 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 酸味と柑..
by toshi-ohyama at 05:53
ゲイシャ、良いですね。一..
by 杉下 at 09:26
期待以上の乗り心地です ..
by toshi-ohyama at 13:51
電気ブランはアルコール度..
by toshi-ohyama at 13:49
HONDA Insigh..
by 杉下です。 at 10:02
いのうえさんは楽しく、そ..
by 杉下です。 at 20:14
杉下殿 おめでとうござい..
by toshi-ohyama at 13:35
お体、大丈夫ですか。まだ..
by 杉下です。 at 16:39
杉下さん  懐かしい話..
by toshi-ohyama at 11:59
こんにちは。 20代の..
by 杉下 at 12:45
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ビーフ or オニオン
at 2019-07-24 07:05
竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末
at 2019-07-22 07:07
2020東京オリンピックへ
at 2019-07-20 05:39
新聞記者 望月衣朔子
at 2019-07-18 06:14
ゆたかみどり さえみどり
at 2019-07-16 06:31
刀夷入寇
at 2019-07-14 04:55
Denny's Diner
at 2019-07-12 06:23
恋しぐれ
at 2019-07-10 05:34
出開帳
at 2019-07-08 06:55
川あかり
at 2019-07-06 05:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧