人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラピスラズリブルー

堀田善衛

学生時代 夢中になって耽読していた作家に 堀田善衛があります

ちょっと世間に背を向けているような皮肉屋で 物事の本質を鋭く抉る文章に魅了されていました
「日本国家が天皇が 何故この私個人に対して召集令状なぞというものを突きつけて兵隊として戦場に連れ出す権限があるのか」という問いかけに 何ら反論も出来ない自分を見出し 自らの進む道を考えざるを得ないところに追い詰められたことを鮮明に想い出します
「めぐりあいし人々」は 集英社編集部員を対象とした講演会をまとめたもののようです 自慢話のような口調で語られる彼の交遊録は 余りの広さと深さにため息が出るばかりです

二冊目は 堀田 司馬遼太郎 宮崎駿 という 面白い顔ぶれの鼎談

堀田善衛_d0338347_09135102.jpg
堀田 司馬 ご両人は 縦横無尽に論戦を張り 宮崎駿は年齢の差か 一歩下がって傾聴するような二等辺三角形の会話が続きます
 

# by toshi-ohyama | 2017-09-23 06:46 | 幕張図書館 | Comments(0)

背文字が読めぬほど薄い

新潮文庫の藤沢周平作品 「静かな木」 短編3作 本編115頁 背文字が読み取れぬほど薄い一冊です

巻末の 立川談四楼の解説によれば 短編の遺作となった「偉丈夫」が収録されています
活字は 12ポ程の 文庫では珍しい大きな文字で印刷されています 老人にはとても読みやすいです

背文字が読めぬほど薄い_d0338347_17553107.jpg
立川談四楼は 熱烈なる藤沢周平愛読者の様で 藤沢周平ファンの頭の中には 海坂藩の地図が明確にあると書いています
この本に収録された短編遺作「偉丈夫」には 本藩海坂(うなさか)藩始祖政慶公が始祖の次男仲次郎光成公に一万石を与え支藩海上(うなうみ)藩を分家した話が出て来ます
海坂藩は 藤沢周平の故郷 鶴岡を模したと云われていますので 頭に浮かぶ海坂藩は鶴岡の町並みを思い浮かべるのではないでしょうか

談四楼は「未読の作品数冊を残している」と語っています
私も 司馬遼太郎の「街道をゆく」の未完となった第43巻は 中々読み始められませんでした 此れを読んでしまうと司馬作品が終わってしまうことが中々受け入れられなかった 談四楼師匠の気持ちが良く判ります
私にとっても この短編で新潮文庫の藤沢作品は 後2冊を残すのみとなりました 大事に大事に読まねばなりません
  

# by toshi-ohyama | 2017-09-21 06:31 | 幕張図書館 | Comments(0)

姉貴の尻尾

向田邦子作品を読み漁っているうちに 彼女の弟が本を書いていると知り 早速amazonで買い求めました

向田作品の中では 福助頭だの 癇癪持ちだの散々にこき下ろされてネタにされている弟の保雄氏 一番近い人が書いた文章から向田邦子の姿を感じ取ろうと考えました

姉貴の尻尾_d0338347_17292608.jpg

それ程ボリュームのある本ではありませんが 前半戦は姉貴顔負けの文章力で読者を引き込んで呉れます

中盤に 飛行機事故の後 自身の体調不良を顧みず遺体処理に台湾に飛んだ折の保雄氏の心境が綴られます
これは 家族の備忘録としては意味があるかもしれませんが 向田邦子の愛読者には酷な内容です

後半戦は 些か冗長...

余り後味の良くない読了です

 

# by toshi-ohyama | 2017-09-19 08:40 | 幕張図書館 | Comments(0)

再びの向田邦子

脚本作家 向田邦子は 乳癌を患い術後右手が全く動かなくなります
左手で書いたとご本人も 何処かに書かれていたと記憶しますが 作家としてのデビュー作「父の詫び状」

再びの向田邦子_d0338347_17531450.jpg
昭和51年 当時の文藝春秋相談役 車谷弘から依頼され 銀座の広報誌「銀座百点」に初めて執筆したのが この本 昭和51年2月から53年6月まで連載されました
改めて一読し 殆ど内容を覚えていなかった...如何に読み飛ばしていたかと云うことか...しかし忘れると云うことは素晴らしいこと 新鮮に読み直しました
この方は なぜこんなに昔のことをこれほど細かく鮮明に覚えているのだろうか 母親がやたら昔のことを細かく覚えていて TVドラマの台本を書いているときに電話して 色々聞きだしたと書いていますから 母親の力 大なのかもしれません
但し 彼女の記憶は結構いい加減なところもあります 単行本ではそのままだったでしょうが 文庫本では編集者が彼女の記憶違いを最小限修正コメントを入れています

多分 飛ぶような勢いで書き飛ばして書いたのではないか でも左手ですから 少しはゆっくりだったかもしれない
いずれにせよ 一気に書き上げた感じが読み取れます

推敲に推敲を重ねた司馬さんの文章にも魅了されますが 書き飛ばしたような向田節も捨てがたいものがあります

勤務先の本店が銀座5丁目にあり 会社が銀座百点会に入会するときに度々事務局(銀座CORE8階)にお邪魔していましたので 銀座百点には愛着があります
女性ばかり5人ほどの小綺麗な事務所が印象的です

# by toshi-ohyama | 2017-09-17 07:18 | 幕張図書館 | Comments(0)

秘すれば花

向田作品に入る前に 妹さんの向田和子さんが書かれた二冊

秘すれば花_d0338347_11402393.jpg
恋文のほうから取り掛かりました 向田邦子さんの死後 若き日に向田邦子の書簡と 手紙を受け取ったN氏の日記 N氏の母親からご遺族に戻されたものだそうです

向田邦子が手紙を出した相手は 編集者時代の友人カメラマン 妻子のある方で昭和39年2月19日に亡くなっています 向田さんは昭和4年生まれですから35歳頃? 森繁の重役読本(ラジオ) 七人の孫(テレビ)と脚本作家として大忙しだった時期

秘すれば花_d0338347_17381735.jpg
N氏が撮った向田邦子 向田邦子は 美人だったという説と そうでもないという説と 相対しているようですが 私は前者派

和子さんの本には 向田邦子の部屋に残されていた写真が数多く掲載されています 若き日に交流のあった写真家の作品 
私は 普通のスナップ写真だと観たのですが...
ご本人は まさか公表されるとは思っていなかったでしょう

# by toshi-ohyama | 2017-09-15 08:52 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して

by toshi-ohyama
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 杉下さん 昨日 整..
by toshi-ohyama at 06:52
頑張りましょう。 私も..
by 杉下 at 09:43
何とか 完読しました 実..
by toshi-ohyama at 06:38
失礼致しました 掲載写真..
by toshi-ohyama at 07:15
茅ヶ崎店の写真がさかさま..
by 杉下 at 10:22
田賀陽介
by 阿部六郎 at 21:05
東條英機
by 東條英機 at 21:05
正倉院
by 正倉院 at 21:14
岩崎良三 荒張裕司
by 荒張裕司 那須どうぶつ王国 at 21:13
近衛秀麿
by 永井麻央 at 12:12
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
天武天皇 寺西貞弘
at 2024-05-23 05:35
猿田彦珈琲
at 2024-05-21 11:11
荒汐部屋
at 2024-05-21 06:51
marua cafe
at 2024-05-20 06:07
塩だけで味付けしたポテトチップス
at 2024-05-19 06:36
高倉町珈琲
at 2024-05-17 06:38
スーパーの総菜は
at 2024-05-16 05:51
五代目鬼平
at 2024-05-14 06:21
トーハクで饂飩
at 2024-05-13 06:00
生誕70年
at 2024-05-12 05:27
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧