ラピスラズリブルー

又蔵の火

藤沢周平は昭和2年生まれ 昭和48年(1973)45歳『暗殺の年輪』で第69回直木賞
この時の選者の一人 司馬遼太郎は 「この作品は、いわばただの時代小説である。」「ただ端正につくった上手物の焼物という感じだが、ともかくも膚質のきれいさがすてがたいというところがあった。」「かつて次点になった作品群よりこれらがすぐれているとは、かならずしもいえない。」と余り高い評価を与えていません

今回ご紹介する 「又蔵の火」は 直木賞受賞の前後に書かれた5短編を取り上げています
巻末にある本人のあとがきで 自分の中に書くことでしか表現出来ない暗い情念があり「否定しきれない暗さ」が一種の基調となって底を流れている 此の頑固な暗さの為に ある時 期賞には縁がないものとあきめた諦めたことがあると書いています
読む人に勇気を与えたり快活で明るい世界を開いて見せる小説が正のロマン(多分 山本周五郎が大衆小説について話した言葉と思われます)とするならば この時期の藤沢周平は 正に負のロマン作家でありました

d0338347_09135366.jpg
何れも主人公は 不幸な結末に終わるので 読みごたえは爽快とは云えません
しかし 又藤沢作品に手を伸ばしてしまう 其れが藤沢周平の魅力と云えましょうか






# by toshi-ohyama | 2018-08-12 06:31 | 幕張図書館 | Comments(0)

吉野家の鰻重

吉野家の原点は 牛丼 しかも 単品商売 
狂牛病で 牛丼屋と焼肉屋は 欠品 売上半減等 倒産するチェーンも出るなど散々な状況に追い込まれます
以降 豚丼やサイドメニュー すき焼き鍋 等々 メニューを広げ苦闘して来ました
ある意味 飲食の基本は 単品販売であり 王道への逆行でもあります 
最近 鰻も店頭に並ぶようになり 食べてみました

d0338347_15001800.jpg
テーブルが狭いので お重が縦に置かれて提供されます
単品は 790円 シジミ汁を付けて 960円
d0338347_15015397.jpg
中国産? アフリカ産? いずれにしても立派 立派... タレは 濃いめ 甘め
米は 牛丼と同じもので粒が小さい 鰻に合うものを望むのはもちろん無理です
スーパーで この鰻の大きさなら中国産で ¥1,960位ですから 充分拍手に値します
d0338347_15001738.jpg
蜆の量も半端なく 千円ランチに充分満足でした






# by toshi-ohyama | 2018-08-10 07:11 | 幕張食堂 | Comments(1)

歴史探偵

作家 半藤一利は 自らを歴史探偵と称しています
1930年生まれですから 今年目出度く米寿をお迎えになられました

d0338347_17450087.jpg
d0338347_17264215.jpg

幻冬舎は 社長の企画力が群を抜いています この本は 新たな書下ろしではなく 石田陽子 小木田順子という二人の女性編集者が半藤氏の作品から拾い出して纏めたもののようです 半藤さんは「80歳を超えると 毎日が一期一会を意識することが多い」と書かれていますが 今年古希を迎える私も全く同感 この本を読むのもこれが最後になるかと思いながら読みますが 昔と比べ 実は余り内容が記憶に残りません
 
半藤さんは ご自身の外祖父でもある夏目漱石の処女作「吾輩は猫である」上巻の新聞批評をあとがきに取り上げています
「頭もなく 尻尾もなくアハハハハと笑ってそれでお仕舞になって 読んだものの頭脳に何も残らないところが 円遊の落語に似ている」と書かれて 漱石自身が大いに喜んだのだそうです
その意味で 半藤氏もそんな軽い読み物を目指しているのだそうで そう聞くと読み手も気が楽になります

半藤氏の戦争体験 昭和史に対する造詣の深さから醸し出される反戦論は 説得力があります
しかし 歴史的事実はこうだったは詳細を語りますが こうすべきだは殆ど書き込まれません
書物を読み 歴史を学び 自分で考えろと 突き放してくるところに 半藤さんの魅力を感じます


# by toshi-ohyama | 2018-08-08 06:29 | 幕張図書館 | Comments(0)

おむすびのGABA 秋葉原店

おむすび屋シリーズ 秋葉原編

秋葉原駅の電気街を北へ歩くと

d0338347_08090514.jpg
確か英会話の「Gaba」というチェーンがありましたが 此れとは全く関係がないみたいです

d0338347_08090447.jpg
d0338347_08090415.jpg
目的はお握りなのですが イートインは セットだけのようで 味噌汁やら何やら色々附いてきて結構なお値段になります

GABA(ギャバ)とはアミノ酸の一種で、正式名称は「ガンマーアミノ酪酸」

どうも発芽玄米をお握りにしているようで 店内には炊飯器も販売していました
食べた感じは 普通のコメと余り変わりません 白米の甘みは感じられません 謂わば健康食品というところでしょうか

以下は facebookに掲載されたGABAの解説です

植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつ。γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)と呼ばれています。アミノ酸といえばたんぱく質を構成するものが有名ですが、それらとは異なり、ギャバは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしているのです。そのため、ベストパフォーマンスが求められるトップアスリートのストレス対策にも用いられているほど。近年では、ギャバ含有食品が多く登場し、一般生活者にとっても、日常的なストレスの軽減に役立っています。ギャバは、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをしています。ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらす作用があるのです。

目安として、1回に30mg以上、より機能を実感されたい場合は、50~100mgのギャバを食品やサプリメントから摂取することで、ストレス軽減などの効果が期待できると考えられています。

よく知られているのは発芽玄米で、100g中に10mgのギャバが含まれています。これは実に白米に含まれるギャバの約10倍にあたる量です。このほかにも、トマト、なす、アスパラガス、かぼちゃ、きゅうり、メロン、みかんなどの野菜や果物、漬物、キムチなどの一部の発酵食品に、ギャバが多く含まれています。


# by toshi-ohyama | 2018-08-06 06:19 | 幕張食堂 | Comments(0)

闇の傀儡師

藤沢周平作品としては 初期の長編歴史小説

d0338347_13415824.jpg
徳川第十代将軍家治の後継者候補だった 松平上総介定信をめぐる物語
駿河大納言忠長の末裔を名乗る八嶽党と 主人公の剣客鶴見源次郎が絡み合う藤沢周平としては 剣術物の系統につながる作品です

家治の子 家基が狩場で暗殺されることは 最近の歴史小説でも 佐伯泰英や上田秀人がしばしば取り上げていますので おなじみですが 藤沢がこの小説を書き上げた1980年ころには それ程取り上げられることもなかったかもしれません

傀儡師という言葉は 十一代家斉の父 一橋家第二代治斉を指すようです


# by toshi-ohyama | 2018-08-04 06:21 | 幕張図書館 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
横川駅ですねかね。碓氷峠..
by 名無しのごんべい at 01:14
社員の誰か連れてってやて..
by 名無しのごんべい at 01:06
ロッテのガムでも出てたよ..
by 名無しのごんべい at 01:02
宮仕えお疲れっすお疲れ様..
by 名無しのごんべい at 00:55
5枚目は普通っす!
by 名無しのごんべい at 00:50
2枚目最高っす^_^
by 名無しのごんべい at 00:42
鰻やっぱり良いですね^_..
by 名無しのごんべい at 00:38
鰻!美味しそうですね!俺..
by 名無しのごんべい at 00:34
現役の頃から名店をよくご..
by 名無しのごんべい at 00:22
僕も食べたい^_^うまそ..
by 名無しのごんべい at 00:19
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
昭和の怪物 七つの謎
at 2018-09-21 06:16
千葉名産 焼き蛤
at 2018-09-19 07:10
朝鮮人特攻隊員の碑
at 2018-09-17 06:35
てんぷら近藤
at 2018-09-15 06:27
逆転した日本史
at 2018-09-13 04:22
ゲランドの塩は
at 2018-09-11 06:52
暁のひかり
at 2018-09-09 06:20
トラジャ40年
at 2018-09-07 06:36
よろずや平四郎活人剣
at 2018-09-05 07:05
定番には定番の理由が
at 2018-09-03 06:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧