ラピスラズリブルー

福田定一から司馬遼太郎へ

昭和30年11月 初めての小説「ペルシャの幻術師」を司馬遼太郎というペンネームで講談社倶楽部賞に応募した産経新聞文化部記者 福田定一 この年から作家としての人生を歩みだし 暫くは新聞記者との二足の草鞋をを履き 昭和35年に「梟の城」で直木賞を受賞したときに作家に専念します

今回紹介するこの本は 新聞記者時代の昭和30年9月 設立間もない大阪の出版社「六月社」から「名言随筆サラリーマン」との題名で発刊されています 彼が32歳の時です

東大阪の自宅に建てられた司馬遼太郎記念館の一番目の棚に飾られています

長くこの本は 図書館でも閲覧禁止となっていて 読むことが出来ませんでした NETでは 司馬遼太郎の最初の結婚で出来た息子のことが書かれていて 後妻である福田みどり氏が閲覧を禁じたと書かれたものを読んだことがあります

今回 題名を変えて文春新書から発売となりました

d0338347_16020896.jpg
司馬遼太郎の作品とは思えぬ不思議な文体です カタカナ言葉をふんだんに使用しポピュリズムを意識した とても後の司馬さんと同じ人が書いたとは思えません 

福田みどりさんの実弟 上村洋行(司馬遼太郎記念館館長)氏が 後書きの形で福田定一から司馬遼太郎に代わる時期のエピソードを巻末に書かれています

それによると 福田定一として書かれた記者時代の文章は 司馬遼太郎作品として改めて発刊すべきではないとの考え方で 今日まで司馬遼太郎の作品としては発表されずに置かれたそうです 昭和47年に新装版で発刊された時も「福田定一」名が使われていたとのこと

内容的には 今も真髄をついた作品として新鮮な気持ちで読了出来ました
世の中の賢人たちの言葉を 縦横無尽に引用しまくっています 司馬さんは途轍もない速読家で且つ一度読んだ内容は 全て頭の中に整理されていたとのエピソードを持ちますが その博覧強記ぶりに圧倒されます

下世話な話ですが 彼の家庭環境の話は全く出てきません 福田定一の書いた原作を「原本」としていると書かれていますが 昭和30年発刊の一部を修正しているようではあります



# by toshi-ohyama | 2016-12-18 17:02 | 幕張図書館 | Comments(0)

飯田銘物

長野県飯田市の柿生産農家 久保田明彦さんが丹精された市田柿が今年も届きました 前職の先輩 Kさんの姉上が久保田さんの奥様ということで 毎年沢山分けていただきます
d0338347_14323188.jpg
今年の作柄は 少し小さいとのことですが 甘味旨みは例年通り 大変美味しい出来上がりです
d0338347_14323920.jpg
スーパーなどでの市販品と どうしてこんなに味の違いが出るのかとても不思議です
近年 中国産 もしくは市田柿と称する似ても似つかぬものも市場には出回っています

市場に出すものは 完熟する前に切り取って物流に載せなくてはいけないので どうしても糖度が不充分な商品となると 聞いたことがあります 収穫してからも皮をむいて硫黄を掛けて吊るしてと大変な手間をかけて出来上がる市田柿 心して味わいます 久保田さん有難うございました


# by toshi-ohyama | 2016-12-16 14:47 | 幕張食堂 | Comments(0)

本場所が終わったら 

両国に お気に入りのちゃんこ屋が幾つかあり 本場所中はいつも満員なので場所終わりに鍋を囲みます 昨年亡くなったK君のお気に入りが「巴潟」
つみれが美味しく 私は此処が一番旨いと思っています
最近良く行くようになったのが「霧島」 薄味で一番万人向き

d0338347_13161046.jpg
此方が霧島のランチ「ちゃんこ饂飩」混ぜご飯が付きます
d0338347_13222312.jpg
此れで1,000円は お値打ち品です

巷で一番有名な「川崎」は 私には 合わない...

行きたくて 未だ行けていないのが「吉葉」 子供の頃一番好きだった「横綱 吉葉山」の居た旧宮城野部屋の稽古土俵をそのまま客席にしたお店 駅から少し離れて居り 予約が必要 仲間を集めるのも面倒で未だ未訪問ですが 私が現役のうちに一度は行ってみたいものです





# by toshi-ohyama | 2016-12-08 20:15 | 幕張食堂 | Comments(0)

藤沢周平の世界

少し余裕が出来て 日曜日午前中 介護施設に母を見舞った後 喫茶店で一時間ほど読書タイムを持てるようになって来ました
途中まで読みかけて積読になっていた藤沢周平作品に 改めてのめり込んでいます
d0338347_08585907.jpg
文春文庫(左)新潮文庫(右)で発行している文庫本は ほぼ全巻手元に揃っています 確か記憶では文集文庫を20冊ほど既読としていたはずなのですが 余り良く覚えていません
11月ひと月で 新潮文庫版を10冊ほど読了しました 「藤沢作品は 暗い」「大衆小説の割にハッピーエンドではない作品が多い」との先入観が 抜けていなかったのですが 結構面白い結末を愉しんでいます
何しろ登場人物が多くて 老人には些か辛い...

作家毎に全巻読破していく癖が未だに治りません 暫くは 周平ワールドを愉しめそうです



# by toshi-ohyama | 2016-12-06 13:14 | 幕張図書館 | Comments(0)

RITZ旋風

クラッカー市場に一大旋風をもたらしたRITZ騒動 9月にRITZの製造販売権を失ったヤマザキナビスコ ナビスコとの業務提携を打ち切られ RITZはナビスコの親会社モンテリーズ・インターナショナルが香港からの輸入品を直接販売となりました ベンツとヤナセ バーバリーと三陽商会 山崎も同じパターンか...
クラッカーと云えばリッツという感覚でしたが どうも今まで通りに買う気はしません
d0338347_20092157.jpg
代替品はと探してみると 山崎は新会社YBCを立ち上げ 新商品で勝負 PBではAEONから新発売(以前から有ったかもしれませんが 眼には止まりませんでした

ルヴァンはちょっと食感が違う別商品 流石にそのままコピーはし難い立場でしょうね

d0338347_09110404.jpg
AEONのPBは RITZそっくり 何処が作っているのかとても興味があります
こうなると 同じ味に近いほうを取るしかありません








# by toshi-ohyama | 2016-12-04 07:28 | 幕張菓子店 | Comments(0)



蒼き空を目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
期待以上の乗り心地です ..
by toshi-ohyama at 13:51
電気ブランはアルコール度..
by toshi-ohyama at 13:49
HONDA Insigh..
by 杉下です。 at 10:02
いのうえさんは楽しく、そ..
by 杉下です。 at 20:14
杉下殿 おめでとうござい..
by toshi-ohyama at 13:35
お体、大丈夫ですか。まだ..
by 杉下です。 at 16:39
杉下さん  懐かしい話..
by toshi-ohyama at 11:59
こんにちは。 20代の..
by 杉下 at 12:45
愉しみですね 是非拝見し..
by toshi-ohyama at 06:34
御茶ノ水のmizunoは..
by toshi-ohyama at 06:33
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
他策ナカリシヲ
at 2019-03-18 06:33
其れは川越スカラ座から始まった
at 2019-03-16 06:40
Yellow Company..
at 2019-03-14 06:24
必敗の戦争
at 2019-03-12 08:29
かつ屋のかつ丼
at 2019-03-10 06:46
テロと陰謀の昭和史
at 2019-03-08 06:14
ホテル仕様のオムライス
at 2019-03-06 06:18
談志の最後の落語論
at 2019-03-04 08:31
ひな祭りには やはり菱餅が似合う
at 2019-03-02 06:20
天下人の茶
at 2019-02-28 03:51
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧